ホームページには、いろいろな情報が載っています。

まずは、ホームページで
ご自分の感性、感覚に合うかどうか見てください。

ホームページを開いただけで
印象を感じることが出来るはずです。

キャッチフレーズを見れば
ご自分が探している歯医者かどうか、
判断できると思います。

文章を一行読めば、知りたいことが
そこに書かれているか、どうかわかります。

院長の写真もホームページには必ずあるはずです。
院長の印象はどうか、チェックしてください。

その歯医者に勤務する歯科医の写真もあるはず。
もっとも院長一人だけの歯医者もありますが
たいていは勤務医がいます。

また、歯科衛生士やスタッフの写真もあります。
もし、写真がないようなら
入れ替わりが激しい歯科医院と解釈できます。

写真があっても、実際には辞めて「いない」ことも
あります。放置しているのは、その程度の歯科医院。

写真を見るだけで院長や勤務する歯科医が
ご自分の好みかどうか、
感性、感覚に合うかどうかわかるはずです。
好き嫌いで判断しても多分間違いないでしょうね。

とくに歯科衛生士やスタッフの印象が大事です。

このあたりまでホームページをごらんになると
ある程度の印象がつかめます。

ご自分に「合う」ようであれば
院長、歯科医、歯科衛生士、スタッフのコメントを
読んでみてください。

歯科治療は歯科医の知識、経験がモノを言います。

コメントを見れば歯科医の得意分野もわかります。
経歴、出身大学もわかります。

専門の診療科目を掲げている場合は所属学会が記されています。

したがってコメントを読めば、
その歯科医院の治療姿勢が、おおよそわかります。

しかし、大切なことは、まず、ホームページの第一印象。

これは、もうご自分の感性、感覚に頼るしかありません。
誇大広告のような表現が多いので、しっかり見極めてください。

自己主張、自己宣伝ばかりで
患者の立場をまったく考えていないホームページもあります。

むつかしいことばかり言っているのは
患者にわかってもらおうという意識がないから。

患者無視の歯科医院と思われても仕方がありませんね。

さて、
ホームページには歯科治療に必要な設備が紹介されています。

口腔内カメラ、拡大鏡などなどは
レントゲンだけでなくお口の中を撮るために必要な備品です。

細かいところまで鮮明に撮影できる専用のカメラは
撮った画像をモニターに映して説明するためのものです。

症例写真が載っていたら、その性能がわかります。

次に滅菌設備が完全か、どうか。
細菌感染対策が出来ているかどうかをチェックしてください。

細菌感染対策は歯医者の治療に対する姿勢を表しています。

健康保険診療か、
保険を扱わない診療か、確かめる必要があります。

どちらも扱っている、と言うのは
料金体制がわからない場合が多いので気をつけてください。
歯医者の「お金儲け」に関わっています。

緊急な歯の痛みは健康保険で可能ですが、
健康な歯の維持は「健康保険では出来ない」という
認識くらいはもってください。

そのうえで歯医者選びをされることです。

歯医者選びは
まずホームページのチェックから。

では、また。ごきげんよう。