最近、新聞の折り込みに
「歯」に関係するチラシが多くなりました。

その大半はインプラントの誘いです。

たとえば
「歯周病からインプラントまで
受診の前に絶対知っておきたい。」
というようなキャッチコピーで
「歯科治療にはセカンドオピニオンが大事です。」
と歯医者選びをされている方の興味を惹いています。

チラシには
・歯周病とは?
・歯を失うとどうなるの?
・治療法の選択や時期、費用を考えるには?

「歯の治療市民公開」講座を通して正しい歯の治療法を…
と、いかにも歯医者選びに必要なことを記しています。

しかし、チラシの目的は
明らかにインプラントへの誘導。

「歯周病になりにくいインプラントがあります」と
目立つ文字で表示されています。

・歯を失ったときのインプラントとは?
・人工の歯根 インプラント
・インプラント治療
・インプラントの治療後はどうするの?

インプラントへの誘導が実に巧みです。

「歯の治療市民公開講座」というやり方

入れ歯、ブリッジ、インプラントと並べて
最終的にはインプラントにもっていくやり方は
マーケティングのプロの仕業。

最近は「インプラント」の施術も
大きく進歩したようですが
それでもインプラントに関する訴訟が絶えないのは
事実です。

セカンドオピニオンとして
お気軽に参加ください、という
呼びかけに、かなりの人が集まるようです。

他人の商売にケチをつけるつもりはありませんが
この手のチラシには十分気をつける必要があります。

自分は大丈夫と自信を持っていても
相手はその道のプロ。

いつの間にかインプラントの誘いに
応じるハメになるかもしれません。

歯科業界は、いま戦国時代
油断するとつぶれてしまう状況。

手を打たなければと、
てっとり早くお金儲けが出来るインプラントに
多くの歯医者は首を突っ込むわけです。

どの歯医者もインプラントの
看板をあげるようになりました。

歯医者選びをされている方
インプラントの誘いには十分気をつけてください。

よくよく吟味し、よく理解することが大事です。

インプラントにケチをつけているわけではありません。

ただ、インプラントは
顎の骨に人工歯根をボルトで固定するわけです。

歯周病、心臓病、糖尿病、
あるいは金属アレルギーの方は
十分気をつけなければなりません。

さらに インプラント施術後の
モメゴト、いざこざ、訴訟がいかに多いか
知る必要があります。

歯医者選びをされている皆さんには
おすすめしていません。

なお、当ブログに
インプラントの広告が掲載されていることが
あるようですが、
当ブログとは一切関係ありません。

サイトの運営者が、
無断で勝手に広告を挿入しているだけです。

広告は当ブログとは一切関係ありませんので
念のため申しあげます。

では、また。ごきげんよう。