歯医者選び.jp

歯医者選び.jpが 歯医者選びの参考になれば幸いです。

歯磨き

歯磨きだけでは虫歯菌も歯周病菌も殺せない!

「かつて9割超の子供にあった虫歯が激減している」
と毎日新聞がネット配信。それによると…

・この20年余で1人当たりの本数は4分の1になった。

就寝前の歯磨き習慣や、フッ素を使ったうがいなどの
予防策の浸透が背景にあるとみられる。

一方で歯科医の数が増え続け、
需要と供給のギャップは増すばかりだ。

業界の将来をにらみ、国は高齢者を重視した診療報酬のあり方や、
歯学部の入学定員について方向性を示そうと検討を始めている。

・子供の虫歯は大幅に減っている。
文部科学省の調査によると、12歳児の1人平均の虫歯本数は、
1989年の4.30本から、2013年には1.05本に減少した。

・虫歯のある子供の割合も90%超から半分以下の40%台になった。

歯磨き粉の市場規模も拡大傾向で、
大手メーカー「ライオン」の広報担当者は
昔と違い比較的価格の高い商品が売れ筋。虫歯対策だけでなく、
歯の美白や口臭予防など消費者のニーズは広がっていると指摘する。

・一方、歯科医は増加の一途だ。
歯科医不足が叫ばれ、国の方針で大学の歯学部を増やした結果、
60年代に3万人台だった歯科医は現在10万人余に。

歯科診療所も13年には約6万8000カ所に達し、
コンビニエンスストアの店舗数を超える。

過当競争で年間約1400の診療所が廃業するなど環境は厳しい。

「この歯医者がヤバい」の著書で知られる歯科医の斎藤正人さん(61)は
「保険診療ではやっていけず、高額な自由診療の対象になるインプラントや
矯正歯科に流れる傾向は強い」と指摘。

「歯科医の質は下がり、閑古鳥が鳴く診療所が珍しくない」という。

・国は、業界を取り巻くこうした現状を問題視。

・現在は診療所の受診患者の3人に1人、65歳以上が占めることから、
高齢者に対する訪問医療の診療報酬アップや補助金などによる支援強化、
歯学部の入学定員や歯科医養成のあり方の見直しなどについて検討を始めている。

・厚生労働省歯科保健課は
「従来の歯科医療では先細りが目に見えている。
新たな歯科医のニーズを探し、多様な医療モデルを示したい」と話す。

以上が報道の文面です。

「子供の虫歯が激減」
「歯科医が増加」「歯科医の質は下がり」は事実です。

確かに、いい歯医者が少なくなり
ブラック歯医者が増え続けています。

厚生労働省歯科保健課が
高齢者に対する訪問医療の診療報酬アップや
補助金などによる支援強化を叫んでも
歯科医の質は上がりません。

診療報酬だけを目的にしたブラック歯科医が増えるだけです。

現実、いまでも比較的、保険点数の高い訪問歯科診療が
お金儲けの対象になっています。

それもアルバイト医を使って稼いでいます。

潰れそうな歯医者の医療法人を利用して
経営に首を突っ込んでくる輩もいるとか。

歯医者選びが、健康長寿のために
欠かせない事態になっています。

歯医者選びをされている皆さんに
どうすれば安心できる歯科医を紹介できるか、
いま、思案しています。

いま少し猶予ください。
近いうちに、この「歯科医院」なら安心です、といえる
歯科医院を紹介します。

最後に、かかりつけの歯科医院が出している冊子
「日本の常識は世界の非常識」の一節をご紹介します。

「歯磨クリームが虫歯・歯周病に効く」のウソ

歯磨粉、デンタルクリームを
歯ブラシに沢山つけて
口の周りを白くして、ゴシゴシ磨いても、
歯はすり減るだけで、
虫歯菌も歯周病菌も一匹も死にません。
歯はクリームをつけて磨いても効果がありません。
なぜ?
歯ブラシで歯を磨くだけでは、
歯と歯の間、歯と歯肉の隙間の細菌の塊は取れません。
「フロス」というナイロンの糸を使うことが大事です。

ではまた。ごきげんよう。

歯磨き剤のフッ素は有効!

18日発の、ブログ「フッ素の件」で
権威のある歯科医の先生から
次のような指摘がありました。

アメリカでは50年以上前から
微量のフッ素を上水道に入れ、
虫歯予防を行い大きな成果を上げました。

子どもの虫歯は劇的に減少し、
世界の各国もこれを実行している所が多くあります。

このエビデンスは信頼できます。

私達の臨床でも歯面に塗布し、虫歯罹患を防いでいます。
歯磨き剤のフッ素も有効です。

アメリカやスエーデンなどの歯科先進国で子どもの虫歯が
少なくなったのはフッ素効果だと言われてます。

勿論、昔から日本でこの論争が行われていますが
私は「癌の原因」になると言う事は知りませんでした。

日本では上水道に入れるのではなく
フッ素水で「ブクブク」が、小学校でしている処にがあります。

もしこれが発癌に関係があると大変なことです。

宝塚地方は水に自然にフッ素含有しています。、

その水道水を飲んでいる住民に
斑状歯と言って
歯の琺瑯質にシミができる事がわかりました。

あまり含有量が多いと歯が黄色くなることがわかったのです。

しかし虫歯には抵抗力があるのです。
この問題も宝塚地方では既に解決され、50年以上たちます。

以上のようなメールをいただきましたので
ご紹介させていただきます。
それにしても「フッ素入り歯みがき粉 ガンの原因に」
という記事はショッキングでした。

すぐに削除されたのも、うなずけるような気がします。

ネットでは毎日のように
いろいろな情報が流れます。

信頼できる情報かどうか、しっかり見極める必要がありそうです。

づログに対してご指摘をいただきましたので
臨時に配信いたします。

「フッ素入り歯磨き粉 ガンの原因に」

医療ジャーナリストの村上純一さんが
6月17日、ネットで「フッ素入り歯磨き粉 ガンの原因に」
という記事を流して話題になっています。

一部を抜粋しますと…

歯医者さんで虫歯予防として、
フッ素の使用を勧められることがあります。
また、歯磨き粉メーカーからは、
フッ素入り歯磨き粉が発売されています。

厚生労働省も、永久歯のむし歯予防手段に有効であるとして、
フッ素(フッ化物)による洗口を推奨しています。

しかし、最近はその効果を疑問視する学者も増えています。

濃度の高いフッ素を摂取した場合には、
吐き気、腹痛、下痢、心不整脈、昏睡といった
急性中毒症状が起きる可能性があり、
低濃度であっても、恒常的に摂取していれば
慢性中毒が起きることがあります。

さらに、フッ素を摂取する年齢が
若ければ若いほど発がんの危険が高まります。

フッ素は、特定の部位の発がん率を上げるのではなく、
全体としてがんの発生を増加させるといわれています。

日本でフッ素を水道水に添加した場合、
全国でがん患者が3万人増えるとする推計もあります。

なんと怖い記事ですね。
事実なら厚生労働省が、なんとかしてくれると思いたいですね。
でも厚生労働省と歯磨きメーカーの関係を考えると
事態が起こらない限り、知らぬふりかもしれません。

ムシ歯・歯周病に効果があるという洗口液は
エビデンス的に「効果がない」と歯医者。

それでも堂々と広告され、販売されているのですから
厚生労働省をアテにしてはいけません。

ネットでは歯周病に効く歯磨き製品も売られています。
多分、実態調査などしていないでしょうね。

◆医療ジャーナリストの村上純一さんの、この記事
 どこからか圧力があったようで、
 ネットのニュースから、すぐ削除されました。

ブラック歯医者を指導する立場にある
厚生労働省や歯科医師会は、
「ブラック歯医者」に、どのような手をうっているのでしょうか?

指導どころか警告も注意もしていないのが現状と言います。
つまり、ブラック歯医者を野放しにしています。

それどころか
お口に関係のあることなら
インプラントが、すべて解決します。

こんな、謳い文句に異議さえ唱えません。

フッ素の真偽はわかりませんが、
歯周病に効果があるという洗口液も
お口のトラブルはインプラントで解消という広告も
まずは疑ってかかることです。

くれぐれも、ブラック歯医者にかからないよう祈ります。
今回は「フッ素がガンの原因に」というニュースを
臨時にお伝えしました。
      記事検索
      QRコード
QRコード