歯医者選び.jp

歯医者選び.jpが 歯医者選びの参考になれば幸いです。

臨時

歯磨き剤のフッ素は有効!

18日発の、ブログ「フッ素の件」で
権威のある歯科医の先生から
次のような指摘がありました。

アメリカでは50年以上前から
微量のフッ素を上水道に入れ、
虫歯予防を行い大きな成果を上げました。

子どもの虫歯は劇的に減少し、
世界の各国もこれを実行している所が多くあります。

このエビデンスは信頼できます。

私達の臨床でも歯面に塗布し、虫歯罹患を防いでいます。
歯磨き剤のフッ素も有効です。

アメリカやスエーデンなどの歯科先進国で子どもの虫歯が
少なくなったのはフッ素効果だと言われてます。

勿論、昔から日本でこの論争が行われていますが
私は「癌の原因」になると言う事は知りませんでした。

日本では上水道に入れるのではなく
フッ素水で「ブクブク」が、小学校でしている処にがあります。

もしこれが発癌に関係があると大変なことです。

宝塚地方は水に自然にフッ素含有しています。、

その水道水を飲んでいる住民に
斑状歯と言って
歯の琺瑯質にシミができる事がわかりました。

あまり含有量が多いと歯が黄色くなることがわかったのです。

しかし虫歯には抵抗力があるのです。
この問題も宝塚地方では既に解決され、50年以上たちます。

以上のようなメールをいただきましたので
ご紹介させていただきます。
それにしても「フッ素入り歯みがき粉 ガンの原因に」
という記事はショッキングでした。

すぐに削除されたのも、うなずけるような気がします。

ネットでは毎日のように
いろいろな情報が流れます。

信頼できる情報かどうか、しっかり見極める必要がありそうです。

づログに対してご指摘をいただきましたので
臨時に配信いたします。

「フッ素入り歯磨き粉 ガンの原因に」

医療ジャーナリストの村上純一さんが
6月17日、ネットで「フッ素入り歯磨き粉 ガンの原因に」
という記事を流して話題になっています。

一部を抜粋しますと…

歯医者さんで虫歯予防として、
フッ素の使用を勧められることがあります。
また、歯磨き粉メーカーからは、
フッ素入り歯磨き粉が発売されています。

厚生労働省も、永久歯のむし歯予防手段に有効であるとして、
フッ素(フッ化物)による洗口を推奨しています。

しかし、最近はその効果を疑問視する学者も増えています。

濃度の高いフッ素を摂取した場合には、
吐き気、腹痛、下痢、心不整脈、昏睡といった
急性中毒症状が起きる可能性があり、
低濃度であっても、恒常的に摂取していれば
慢性中毒が起きることがあります。

さらに、フッ素を摂取する年齢が
若ければ若いほど発がんの危険が高まります。

フッ素は、特定の部位の発がん率を上げるのではなく、
全体としてがんの発生を増加させるといわれています。

日本でフッ素を水道水に添加した場合、
全国でがん患者が3万人増えるとする推計もあります。

なんと怖い記事ですね。
事実なら厚生労働省が、なんとかしてくれると思いたいですね。
でも厚生労働省と歯磨きメーカーの関係を考えると
事態が起こらない限り、知らぬふりかもしれません。

ムシ歯・歯周病に効果があるという洗口液は
エビデンス的に「効果がない」と歯医者。

それでも堂々と広告され、販売されているのですから
厚生労働省をアテにしてはいけません。

ネットでは歯周病に効く歯磨き製品も売られています。
多分、実態調査などしていないでしょうね。

◆医療ジャーナリストの村上純一さんの、この記事
 どこからか圧力があったようで、
 ネットのニュースから、すぐ削除されました。

ブラック歯医者を指導する立場にある
厚生労働省や歯科医師会は、
「ブラック歯医者」に、どのような手をうっているのでしょうか?

指導どころか警告も注意もしていないのが現状と言います。
つまり、ブラック歯医者を野放しにしています。

それどころか
お口に関係のあることなら
インプラントが、すべて解決します。

こんな、謳い文句に異議さえ唱えません。

フッ素の真偽はわかりませんが、
歯周病に効果があるという洗口液も
お口のトラブルはインプラントで解消という広告も
まずは疑ってかかることです。

くれぐれも、ブラック歯医者にかからないよう祈ります。
今回は「フッ素がガンの原因に」というニュースを
臨時にお伝えしました。
      記事検索
      QRコード
QRコード