歯医者選び.jp

歯医者選び.jpが 歯医者選びの参考になれば幸いです。

歯科医療

日本の歯科事情 「日本の健康保険制度は予防歯科診療を認めていません。」

かかりつけの歯科医からメールをいただきました。
内容は週刊誌で「歯科」の取材をする医療ジャーナリストの取材のことでした。

日本の健康保険による歯科医療は80年以上前の古典的なコンセプトの上にあり、
これが歯科医の不勉強を生み、保険制度の穴をくぐる悪魔の誘いに乗り
大きな社会的な不信を生んでいること。
その解決は日本の歯科の進んだ口腔健康科学にもとづくパラダイムシフトが必要であることを話しました、とありました。

そのあとに次のような文がありましたので、要約して紹介します。
歯医者選びの皆さんの参考になるかと思います。

■健康保険では「予防」は認められません。

歯科医療の使命は口腔の健康を創り、健康長寿の延伸です。
歯科疾患は、自然治癒がありません、
予防と疾患の早期発見を行い、プロケアとセルフケアのコラボにより口腔の健康が達成されるのです。

しかし、患者が痛み等の症状が出る前に歯科検診を希望しても、健康保険は認められません。
病気があり、症状が無い限り健康保険は認められないのです。

したがって歯科医は黙って、口腔の健康の大事さと、そのための口腔ケアの必要を話さず、
ただ患者さんが訴える症状で、歯を削り、歯の神経を取り、歯を抜き、歯の修繕をするだけです。
そして、やがてインプラントへ、となるのです。

予防の考えは、健康保険が認めていません。
だから社会から自然発生的には「予防の考え」が起こらないのです。

予防の考えを歯科医の責任として、自分の利益は後にして、
この大事さを患者さんに語ることです。

患者さんの口腔の健康へのモチベーションを高めるべきでしょう。
これが歯科医の使命です。生命倫理です。

でも今の日本事情ではこれを理想だ、と言います。
しかし昨今、社会は、この混乱した歯科医療の中で
本物は何かと真剣に模索しています。

心ある歯科医は「歯科の王道」を世に高く示すべき…と
かかりつけ歯科医は、歯科医に対し求めています。

健康保険が認められない日本の歯科事情です。

では、また。ごきげんよう。

むつかしいですね、歯医者選び。

週刊ポスト 7.22・29号に

やってはいけない歯科治療
「歯医者の値段」のからくり

抜かないと儲からない
削れば削るほど儲かる理由

こんな見出しが表紙の中央にドンと載っています。

「やってはいけない歯科治療の」第3弾

なぜ歯医者絡みのトラブルや
疑問がこんなにおおいのか。
背景には
「患者のためになる治療はカネにならない」という
構造的な欠陥がある…と断言しています。

これを書いたジャーナリストは
矛盾に満ちた歯科業界の
構造的な病巣にメスを入れ、
患者不在の歯科治療を変革することだ、と息まいています。

そのためには、まず現場で起きている深刻な問題や
トラブルという「膿み」を出し切ることが必要になる、
と書いています。

歯科業界に関わる人間なら
誰でも知っている「国の制度設計」の問題を突いています。

実際、日本の歯科診療は「保険と自費」の
二重構造になっています。

これが、すべての元凶。

執筆のジャーナリストが
予防歯科がウリの歯科医院を訪ねたレポートで、
「痛くない歯」を破折(ひび割れ)している
根尖病巣があるので早く抜いたほうがいい、と言われ、
抜いた後は、どういう治療になるのかと聞いたところ
「インプラントがベスト」だと言われたと書いています。

「歯を抜いてインプラント」 
これが歯医者の実態だと言います。

このような記事を読むと
歯医者選びが余計にむつかしくなってきます。

・患者不在の値段設定の罪

・入れ歯の価額差のカラクリ

・保険と自費の歪で、真面目な歯科医がバカを見る。

歯科の業界は、本当のところ、どうなっているのでしょうね。

筆者のかかりつけのような歯科医は、
稀(マレ)だと言うのでしょうか?

筆者の、かかりつけの歯科医院のように
40年以上の臨床データがあり
その患者が、集まってつくる「患者組織 あいしくらぶ」は
全国でも珍しい存在。

歯医者選びをされておられる方に
このような患者組織をもつ歯科医院を
勇気をもって紹介する必要がありそうですね。

では、また。ごきげんよう。

歯科医が責任を持って口腔の健康を守る!!

歯が痛くなったら歯医者に行く。

歯医者では痛い歯を抜くか、
削って被せるか、のどちらか。

これが緊急的治療と修復治療。
健康保険の歯科医療の古典的コンセプトです。

だから、歯周病が成人の80%に達し、
日本人の、口腔の健康意識の低さが、いつまでも続くのです。

歯医者へは、歯が痛くなったから「行く」のではなく
口腔の健康、身体の健康のために「行く」のが、欧米の常識。

この常識がないのは、緊急的治療と修復治療の
健康保険に頼る歯科医の責任でもあります。

患者に口腔の健康、身体の健康について
説明を怠っている歯医者の責任です。

予防歯科のコンセプトが無い健康保険歯科医に問題があります。

真剣に日本人の口腔の健康の大事さを説いていれば
歯周病が成人の80%に達することはありません。

責任は誰でしょうね。歯科医だけでしょうか。

一般大衆は殆どお口の健康に気づいていません。

健康保険で出来る歯科医療と
保険では出来ないインプラントだけしか
国民は知らされていません。

Oral Healthの情報を時間をかけて、一人一人に
歯科医が話す状況に、健康保健医療はありません。

健康保険を扱う歯科医は
官僚支配により保険のシステムの中でやり繰りをしています。

歯科医は官僚に翻弄されている、と言えます。

健康保険は一本の歯が対象です。
口腔の健康は対象になっていません。

だから、歯科医に対する不信が溢れているのです。
まぎれもなく「健康保険制度」のせいです。

官僚に支配されていると健康保険歯科医療は、
「歯は老化で失わない」という
口腔健康科学にもとづいた「予防歯科」を
ないがしろにしています。

国民に口腔健康科学にもとづいた
「予防歯科」を受けるチャンスを与えません。

国民が健康長寿という宝を手に入れることを
邪魔します。

健康保険を操る官僚支配から抜け出さない限り、
多くの国民の健康と幸せは守れません。

いまこそ、歯科医の手で
口腔健康科学にもとづいた
世界のスタンダードシステムをつくりあげねばなりません。

歯科医たちの手で
国民のための組織を創るべきではないかと
かかりつけの歯科医、川村泰雄先生は言います。

保険歯科医療でなく
健康歯科医療の確立を叫ばれています。

歯医者選びをされている大勢の皆さん。

口腔の健康に関わるのは 
保険点数を操るだけの官僚ではなく歯科医です。

歯科医が責任を持って口腔の健康を守るのが必然です。

皆さんの口腔の健康を唯一守る事が出来るのは
歯科医です。プロフェッションです。

では、また来週。ごきげんよう。

歯科医療の改革が始まります。

かかりつけの歯科医 川村泰雄先生が
歯科医療の改革のために動き始めたようです。

歯科医療革命 
「新しい価値の創造 ・口腔の健康」という
タイトルのメールをいただきました。

歯医者選びをされている皆さんの
参考になるか、どうか、わかりませんが
「歯科医療」の現状を
お察しいただけるかと思います。

川村泰雄先生がくださったメールを
筆者が、筆者なりに解釈してお伝えします。

川村泰雄先生の意にそぐわない箇所があれば
平にお許しを。(以下)

私(川村泰雄)は50年にわたり「近代歯科」の
「予防歯科」という
世界のスタンダードの普及に努力してきました。

しかし、現在
日本の歯科界は見るも哀れなほど衰退、劣化しています。

テレビの番組では
日本の歯科医の質は、世界に比べて低く、
経営も苦しく、
子どもの虫歯も治さず、
高齢者にインプラントをすすめていると、
歯科医を批判しています。

「もうだまされないぞ歯科医に」

そんなタイトルが経済雑誌の表紙に大きく書かれ、
歯科特集が組まれていました。

何故この様な哀れな歯科界になったのでしょうか。

私は老骨を顧みず、
志ある歯科医の皆さんと共に
この問題について討議したいと思います。

☀日本医師会は2015年 新聞各紙に3回にわたり

「日本人の口の中の健康意識が低く、口の中は黴菌がいっぱい 。
日本人成人の80%が歯周病に罹っています。

歯周病は、糖尿病 脳梗塞、呼吸器疾患の原因になります。
そして健康長寿を短くします。元気な身体は日常の口腔ケアから」

こんな意見広告が
歯科医師会でなく、医師会が出しました。

☀ライオン株式会社は
「歯科医療の使命は健康長寿の延伸である」と
歯科医を啓蒙するためのシンポジウムを開催します。

また、2014「日本・アメリカ・スエーデン3カ国の
オーラルケア意識調査を発表しています。それによると…

欧米では7割以上が「予防歯科」を実施し、
定期検診を受けている。

プラックコントロールの指導を受け、ブラシとフロスで
セルフケアを行っている、と伝えています。

しかも、欧米では憧れの職業のトップに「歯科医」をあげている
という結果を記しています。

日本の現状と、あまりの違いに、
ライオン株式会社は
「予防歯科」の普及を積極的に行うと
社長が宣言しました。

日本人に「歯を磨く」習慣をつくった
「ライオン歯磨」の責任を、感じているのかもしれません。

☀「がん連携登録歯科医」の登場は
がん治療に関する医科・歯科連携の流れ。

パンフレットの表紙に
「歯科医に行こう。  
治療前からのケアのすすめ。

お口の中を整えるのも、がん治療の一部です」とあります。

 「整える」とはなにを意味するのでしょうね。
医療現場では余程の事が起こっているようです。

口腔の健康はQOLに繋がるだけでなく、
死に繋がる事を、医師が、我々歯科医に問いかけてきた訳です。

☀歯科医は、患者さんに口腔の健康の大事さを語らず、
ひたすら黴菌が一杯の口の中で、歯を削り…、
歯周病を治す事が出来ず、
成人の80%。が歯周病患者という現状の中、
インプラントに血まなこになって稼ごうとしています。

それも自費治療を求めて!

あるコンサルト会社は、歯科界を餌食場にして
劣化した歯科界に手垢に汚れた手法の
利己主義的なビジネス手法を歯科医に教えています。

歯科医の不信を増幅させるような行為は
断じて許すことが出来ません。

☀保険歯科を中心とする日本の歯科医療の改革を
いま、社会が求めています。

大きな時代の流れは、
「口腔の健康」という価値を問い始めています。

世界の口腔健康科学に根拠を持つ、
世界のスタンダードの歯科医療への変革が求められているのです。

☀口腔健康とは何かを世に問い、
予防歯科による咬合病、歯周病の治療・口腔健康管理をシステム化し、
セルフケアとプロケアで結果を出して行かなければなりません。

予防の無い「保険制度」では限界があります。

しかし日本の歯科医師たちは
保険の枠内でどうするかで、頭がいっぱいなのが現状です。

私たちは、自由診療による新しいコンセプトの
歯科診療システムを創る運動を始めました。

これは、社会が気づき、それを求めているからです。

いまこそ「口腔の健康」という、新しい価値の創造が必要です。

私たちのグループは45年以上
患者さんと共に成果を上げてきました。

「あいし・くらぶ」という患者のデータこそが
歯科医療の、あるべき姿を実証しています。

「最初のペンギンとして」今がチャンスです。

全国の歯科医の皆さん。
この討議に参加しましょう!

と、かかりつけの歯科医
川村泰雄先生は熱く呼びかけています。

歯科医の方が、このブログをお読みなら
次のアドレスにお問い合わせください。

http://good-smile.com/kawamura/

歯医者選びの皆さん。

どうぞ、いい歯医者を選んでください。
決してインプラント施術を受けてはいけません。

あなたの健康を第一に考える歯科医を見つけて
ご相談ください。

では、また。ごきげんよう。

歯科医療の改革が始まりそうです。

歯科医療を通じての健康長寿社会実現に向け、
歯科医療従事者を対象にシンポジウムが
6月26日に東京虎の門で行われます。

テーマは
「健康寿命の延伸に向けた歯科医療の使命と可能性」

参加対象者は、歯科医師・医師・歯科衛生士・看護師
募集人数は 300名とあります。

かかりつけ歯科医の川村泰雄先生が
常々、言われていることが
歯科医師会主催ではなく、
公益財団法人ライオン歯科衛生研究所が主催というところが
注目すべき点ですね。

どこが主催しようが
歯科医療を通じての健康長寿社会実現に向け、
歯科医療従事者が勉強することは大賛成だと
我が川村泰雄先生。

50年も前から
国民の歯科医療を通じての健康長寿社会実現のため
実践してこられた実績は
当日、講演される先生方やパネリストの先生方より
はるかに多い臨床データをお持ちのはず。

その証が昨年開催された
川村歯科でメンテナンス歯科医療を受けている患者の集まり
「あいし・くらぶ」40周年の集いです。

40周年という実績は
日本では「あいし・くらぶ」だけです。

皆さん、いたってご健康で、
80歳以上、90歳以上の方々も
歯を失っていないのが健康長寿の源と
川村泰雄先生に感謝されていました。

日本の現状をみますと
65歳以上の「死亡原因となった疾病」と、
「要介護の原因となった疾病」を比較すると、
前者では「がん」「心疾患」などが上位を占めています。

後者では「脳卒中」「高齢による衰弱」「転倒・骨折」などが多く、
介護予防には、脳卒中予防と転倒予防が重要であることが言われています。

最近の研究結果などから、
これら脳卒中予防や転倒予防に
「歯科は大きく関われる可能性」が示されつつあります。

脳卒中患者の口腔内状態について
50歳代の脳卒中患者の残存歯数(18.4±9.4本)が、
厚生労働省歯科疾患実態調査の平均残存歯数(24.1±6.1本)に比べて、
少ない状態です。

つまり、残存歯数の少ない方のほうが、
脳卒中のリスクが高いことがわかります。

歯科でのメンテナンス歯科医療が
脳卒中予防につながる可能性が高いと考えられます。

歯周病と脳卒中を引き起こす関連についても、
最近いろいろと解明されてきています。

動脈硬化を起こした血管壁のアテローム(血管壁への沈着物)の中から
歯周病菌が多数見つかっていたり、
心臓の弁膜に血栓をつくる原因(心原性内膜炎)の起炎菌となっていたりすることが
報告されています。

また、脳卒中の基礎疾患のひとつである糖尿病は、
歯周病との間に相互に密接した関係があることも
すでにわかっています。

このように、
早期に歯を喪失している方の、
脳卒中などのリスクも防ぐために
川村泰雄先生はメンテナンス歯科医療を続けておられます。

脳卒中予防に貢献できると信じておられるからでしょうね。

歯科医は「人の命を救うための職業」
目の前の人を元気にするのがプロフェッション
川村泰雄先生は、おしゃっています。

歯科医療の正しい道を
歯科医療発展のために尽くされている川村泰雄先生だからこそ
歯科医療の領域に土足で踏み込んでくるような
船井総研の「やり方」が許せなかったのでしょうね。

船井総研が
歯科医療のために本気で取り組むなら
歯科医療従事者を対象に
クライアント健康長寿のために「何をすべきか」を
提案してくるはずです。

いずれにせよ
歯医者選びをされている皆さんが
安心して健康長寿の歯科医療を受けられたことを
願っています。

歯医者選びをされている方々には
関係のないことかも知れませんが
歯科医療の動きについてお知らせした次第です。

なお、当日のシンポジウムの基調講演では
歯周病と全身疾患との関連性、
米国歯科医院における一生涯に亘り口腔を守るための取組み」
の紹介があるそうです。

また、一般講演では「健康長寿を支える医科歯科連携」
「生涯メンテナンスの歯科医療」

そして、パネル討論のテーマは
「歯科医療の新たな使命と可能性〜これからの歯科医院は何を為すべきか〜」

それでは、また。ごきげんよう。
      記事検索
      QRコード
QRコード