歯医者選び.jp

歯医者選び.jpが 歯医者選びの参考になれば幸いです。

あいしくらぶ

歯医者選びで健康寿命が変わる!!

歯科臨床医の森昭さんの
「歯を磨いてはいけない」の著書で…

・「食べたらすぐみがく」というのは日本だけの習慣です。
 ほかの先進国では、むしろ「すぐ、みがいてはダメだ」
 と言われています。

・歯ブラシよりもデンタルフロスのほうが
 何倍も大事です。

・歯医者で虫歯が治ることなどありえません。
 先進国で歯科医院の仕事とは、
 虫歯を治すよりも、
 なぜそのような口の状況になったかを考えて
 再び同じ状態にならないようにすることです。

・世界的には、
 小さな虫歯は治さずに、
 生活習慣を改善することで様子をみるという
 流れになっています。

一部、省いていますが
本の「はじめに」で、書いてあります。

かかりつけの歯科医 川村泰雄先生が
患者の組織として創設された「あいしくらぶ」で
いつも話されることです。 

本の内容は「あいしくらぶ」のメンバーなら
当然のように「知っている」ことばかり。

「あいしくらぶ」のメンバーなら
もっと健康長寿と歯の関わりを知っています。

それでも、こうした本が売れているとしたら
余程、日本人のデンタルIQが低いのでしょうね。

本の「おわりに」では
・歯科医院は、病気を治すところから、
 本当の意味での
健康を守る場所に変わりつつあります。

そのためには歯科医院が
「行きたくなる場所」にならなければならないと
と考えています…と。

著者は「昭和39年生まれ。平成7年開業とあります。

道理で、川村泰雄先生とは
キャリアが違います。

書かれている内容が経験の差となって現れています。

それでも、歯科医としての「志」が感じとれます。
がんばっていただきたい歯医者です。

最近、歯に関する本がたくさん出版されています。
わかりやすく、歯について書いています。

しかし、歯科医としての臨床データが少ないためか
いろいろな資料を
引っ張り出して書いているようにみえます。

川村泰雄先生は
40年以上の臨床データで、
歯科医療の本道を説いています。

だから、川村泰雄先生に
歯科医療の本道とは…を組織として
啓蒙していただきたいと
思い背中を押しているのですが…。

同時に、たくさんの人の
「デンタルIQ」を高める運動をしてもらいたいと
願っているのですが…。

世間には、ブラック歯医者もおれば
歯科医療の本道をいく歯医者も存在しています。

歯医者選び一つで、健康寿命が変わります。
いい歯医者に巡り合えば、幸せです。

いい歯医者選びのためにも
デンタルIQを高める啓蒙活動が必要です。

さて、かかりつけの歯科医・川村泰雄先生から
メールをいただきました。

医療ジャーナリストの岩澤倫彦氏から連絡があり、
近く取材に来られるという内容のメールです。

医療ジャーナリストの岩澤倫彦さんは
週刊ポストで
日本の歯科医療の惨状と裏側を
連載で書いておられる方。

「やってはいけない歯科治療」と題して
・歯医者の値段のカラクリ
・あなたの歯の治療履歴を今すぐ見直せ
などなどを書いて、一石を投じています。

「虫歯を取り残したほうが儲かる 
歯科医10万人時代の“治さない“治療」

「1回で済む治療をなぜか避ける・・・
世界と逆行してきた日本の虫歯治療」

「インプラントをやる歯医者の「6割」は
トラブルを抱えている!」
インプラント治療の最悪のケース。

医療ジャーナリストとして
歯科治療の裏側だけを暴くだけが
岩澤倫彦さんの目的ではないはず。

ネットでは歯科医からの反論があふれています。
反論しているのはマジメな歯医者なのでしょうか。

歯医者は、もっと怒らなければいけません。
そして、書かれたことについて
反論説明をしなければなりません。

医療ジャーナリストの岩澤倫彦さんが
川村泰雄先生に
どのような取材をされるのか、そして
どのような記事で週刊誌に掲載されるのか、
興味津々です。

歯医者選びの参考になる記事になれば、
ありがたい、と願っているのですが。

実際、お金儲けが目的の歯医者だけには、
かかりたくありませんものね。

では、また。ごきげんよう。

「あいしくらぶ」をご紹介。

歯を愛する人たちの集まりがあります。
その名称は「あいしくらぶ」

健康志向の歯科医療をめざして
川村泰雄歯科医師が40年前に立ち上げた
組織です。

健康志向の歯科医療とは
予防からメンテナンスまでお口全体をまとめた
歯科医療のことです。

川村歯科医院では最初に
お口のなか全体の精密検査を行います。

人間ドックのように
お口なかの隅々まで検査します。

そして、
いままで放置されてきた歯のわるいところをみつけ
健康で衛生的なお口の環境をつくる
治療計画を立ててくれます。

もちろん、治療にかかる費用も提示してくれますし、
治療内容の質問にも丁寧に応じてくれます。

患者が納得すれば歯科医との間で
治療契約が行われます。

基本治療、噛み合わせ、
定期的メンテナンスを行うことで
患者にとっては、最適の健康管理体制をとってくれます。

また、定期的なメンテナンスを行うことで
生涯にわたる歯科的健康に責任を持ってくれるわけです。

「あいしくらぶ」は
川村歯科医院
(大阪市中央区天満橋京町1−1京阪シティモール7階)で
基本治療を受け、
定期的メンテナンスを受けている患者の組織です。

この歯科医院には莫大なデータがあります。

メンテナンスの内容
歯がどのように健康に維持されているか
コンピューターがデータとして
詳細に記録しています。

40年の健康歯科診療のデータは
日本国内ではおそらく川村歯科医院だけでしょうね。

健康保険は扱っていません。

健康保険では正当で合理的な
生涯の歯の健康をサポートする予防歯科医療が
出来ないからだ、といいます。

お口の精密検査も健康保険では出来ません。
健康保険では、お口の歯の健康は維持できないようです。

今回は川村歯科医院が組織する
「あいしくらぶ」の一端を紹介しました。

「あいしくらぶ」とは
川村歯科で歯科治療終了後
半年に一度メンテナンスを受け
お口の健康管理されている患者様のクラブです。

歯医者選びをされている皆さん。
歯医者へは
歯が痛い時、噛めない時だけに
歯科医院に行くのではなく、
生涯の歯の健康をサポートする予防歯科医療を取り入れた
歯科医院をお選びになることです。

では、また。ごきげんよう。

正しい歯科医療の答え

かかりつけの歯科医、川村泰雄先生が
歯の清潔革命を訴えて
患者組織「あいしくらぶ」をつくったのが
1975年。

はじめての「あいしくらぶのつどい」は1976年
そして、昨年(2015年)

その「あいしくらぶ」の
40周年の記念総会を
ホテルグランヴィア大阪で開催されました。

10年、20年、30年と
川村歯科(大阪市中央区天満橋)で
メンテナンスを受けた方々100名以上が
この40周年記念総会に参加。

そして、新たに「8020」を達成された58名と
40年以上メンテナンスを
続けておられる方48名が、記念総会で表彰されました。

通常の歯科医院では考えられないことでしょうね。

日本の歯科治療の多くは
患者さんが気になっている部分や
痛みを感じる部分を中心に治療が行われています。

しかし、川村歯科は
歯科医療は「歯の修繕」が目的ではない、と言います。

「歯を守ること」「体の健康を守ること」と言い
予防中心の歯科医療に取組んでいます。

その成果が
「あいしくらぶ40周年記念総会」だったわけです。

川村歯科には患者さんの
すべてのデータが保存されています。

つまり、川村歯科に通う患者さんの臨床データが
ここに蓄積されているわけです。

歯医者選びをされている皆さん。

このように40年以上、
正しい歯科医療を行っている歯科医院が、
ほかにあると思いますか?

正しい歯科医療であったからこそ
患者さんの歯が健康で
10年、20年、30年とメンテナンスに通うわけです。

もちろん歯の健康は体の健康に通じます。

歯医者選びをされている皆さんに
川村歯科の質にこだわるグッドスマイルシステムを
しっかり伝えたいと思っています。

では、また。ごきげんよう。

むつかしいですね、歯医者選び。

週刊ポスト 7.22・29号に

やってはいけない歯科治療
「歯医者の値段」のからくり

抜かないと儲からない
削れば削るほど儲かる理由

こんな見出しが表紙の中央にドンと載っています。

「やってはいけない歯科治療の」第3弾

なぜ歯医者絡みのトラブルや
疑問がこんなにおおいのか。
背景には
「患者のためになる治療はカネにならない」という
構造的な欠陥がある…と断言しています。

これを書いたジャーナリストは
矛盾に満ちた歯科業界の
構造的な病巣にメスを入れ、
患者不在の歯科治療を変革することだ、と息まいています。

そのためには、まず現場で起きている深刻な問題や
トラブルという「膿み」を出し切ることが必要になる、
と書いています。

歯科業界に関わる人間なら
誰でも知っている「国の制度設計」の問題を突いています。

実際、日本の歯科診療は「保険と自費」の
二重構造になっています。

これが、すべての元凶。

執筆のジャーナリストが
予防歯科がウリの歯科医院を訪ねたレポートで、
「痛くない歯」を破折(ひび割れ)している
根尖病巣があるので早く抜いたほうがいい、と言われ、
抜いた後は、どういう治療になるのかと聞いたところ
「インプラントがベスト」だと言われたと書いています。

「歯を抜いてインプラント」 
これが歯医者の実態だと言います。

このような記事を読むと
歯医者選びが余計にむつかしくなってきます。

・患者不在の値段設定の罪

・入れ歯の価額差のカラクリ

・保険と自費の歪で、真面目な歯科医がバカを見る。

歯科の業界は、本当のところ、どうなっているのでしょうね。

筆者のかかりつけのような歯科医は、
稀(マレ)だと言うのでしょうか?

筆者の、かかりつけの歯科医院のように
40年以上の臨床データがあり
その患者が、集まってつくる「患者組織 あいしくらぶ」は
全国でも珍しい存在。

歯医者選びをされておられる方に
このような患者組織をもつ歯科医院を
勇気をもって紹介する必要がありそうですね。

では、また。ごきげんよう。

歯科医療の改革が始まります。

かかりつけの歯科医 川村泰雄先生が
歯科医療の改革のために動き始めたようです。

歯科医療革命 
「新しい価値の創造 ・口腔の健康」という
タイトルのメールをいただきました。

歯医者選びをされている皆さんの
参考になるか、どうか、わかりませんが
「歯科医療」の現状を
お察しいただけるかと思います。

川村泰雄先生がくださったメールを
筆者が、筆者なりに解釈してお伝えします。

川村泰雄先生の意にそぐわない箇所があれば
平にお許しを。(以下)

私(川村泰雄)は50年にわたり「近代歯科」の
「予防歯科」という
世界のスタンダードの普及に努力してきました。

しかし、現在
日本の歯科界は見るも哀れなほど衰退、劣化しています。

テレビの番組では
日本の歯科医の質は、世界に比べて低く、
経営も苦しく、
子どもの虫歯も治さず、
高齢者にインプラントをすすめていると、
歯科医を批判しています。

「もうだまされないぞ歯科医に」

そんなタイトルが経済雑誌の表紙に大きく書かれ、
歯科特集が組まれていました。

何故この様な哀れな歯科界になったのでしょうか。

私は老骨を顧みず、
志ある歯科医の皆さんと共に
この問題について討議したいと思います。

☀日本医師会は2015年 新聞各紙に3回にわたり

「日本人の口の中の健康意識が低く、口の中は黴菌がいっぱい 。
日本人成人の80%が歯周病に罹っています。

歯周病は、糖尿病 脳梗塞、呼吸器疾患の原因になります。
そして健康長寿を短くします。元気な身体は日常の口腔ケアから」

こんな意見広告が
歯科医師会でなく、医師会が出しました。

☀ライオン株式会社は
「歯科医療の使命は健康長寿の延伸である」と
歯科医を啓蒙するためのシンポジウムを開催します。

また、2014「日本・アメリカ・スエーデン3カ国の
オーラルケア意識調査を発表しています。それによると…

欧米では7割以上が「予防歯科」を実施し、
定期検診を受けている。

プラックコントロールの指導を受け、ブラシとフロスで
セルフケアを行っている、と伝えています。

しかも、欧米では憧れの職業のトップに「歯科医」をあげている
という結果を記しています。

日本の現状と、あまりの違いに、
ライオン株式会社は
「予防歯科」の普及を積極的に行うと
社長が宣言しました。

日本人に「歯を磨く」習慣をつくった
「ライオン歯磨」の責任を、感じているのかもしれません。

☀「がん連携登録歯科医」の登場は
がん治療に関する医科・歯科連携の流れ。

パンフレットの表紙に
「歯科医に行こう。  
治療前からのケアのすすめ。

お口の中を整えるのも、がん治療の一部です」とあります。

 「整える」とはなにを意味するのでしょうね。
医療現場では余程の事が起こっているようです。

口腔の健康はQOLに繋がるだけでなく、
死に繋がる事を、医師が、我々歯科医に問いかけてきた訳です。

☀歯科医は、患者さんに口腔の健康の大事さを語らず、
ひたすら黴菌が一杯の口の中で、歯を削り…、
歯周病を治す事が出来ず、
成人の80%。が歯周病患者という現状の中、
インプラントに血まなこになって稼ごうとしています。

それも自費治療を求めて!

あるコンサルト会社は、歯科界を餌食場にして
劣化した歯科界に手垢に汚れた手法の
利己主義的なビジネス手法を歯科医に教えています。

歯科医の不信を増幅させるような行為は
断じて許すことが出来ません。

☀保険歯科を中心とする日本の歯科医療の改革を
いま、社会が求めています。

大きな時代の流れは、
「口腔の健康」という価値を問い始めています。

世界の口腔健康科学に根拠を持つ、
世界のスタンダードの歯科医療への変革が求められているのです。

☀口腔健康とは何かを世に問い、
予防歯科による咬合病、歯周病の治療・口腔健康管理をシステム化し、
セルフケアとプロケアで結果を出して行かなければなりません。

予防の無い「保険制度」では限界があります。

しかし日本の歯科医師たちは
保険の枠内でどうするかで、頭がいっぱいなのが現状です。

私たちは、自由診療による新しいコンセプトの
歯科診療システムを創る運動を始めました。

これは、社会が気づき、それを求めているからです。

いまこそ「口腔の健康」という、新しい価値の創造が必要です。

私たちのグループは45年以上
患者さんと共に成果を上げてきました。

「あいし・くらぶ」という患者のデータこそが
歯科医療の、あるべき姿を実証しています。

「最初のペンギンとして」今がチャンスです。

全国の歯科医の皆さん。
この討議に参加しましょう!

と、かかりつけの歯科医
川村泰雄先生は熱く呼びかけています。

歯科医の方が、このブログをお読みなら
次のアドレスにお問い合わせください。

http://good-smile.com/kawamura/

歯医者選びの皆さん。

どうぞ、いい歯医者を選んでください。
決してインプラント施術を受けてはいけません。

あなたの健康を第一に考える歯科医を見つけて
ご相談ください。

では、また。ごきげんよう。
      記事検索
      QRコード
QRコード