歯医者選び.jp

歯医者選び.jpが 歯医者選びの参考になれば幸いです。

いい歯医者

週刊現代に悪徳歯医者の記事。

「こんな歯医者、
 こんな治療に気をつけろ!」

・金儲けのために「健康な歯」を削る歯医者
・受けてはいけない「インプラント手術」
・銀歯、入れ歯、差し歯、ブリッジの「落とし穴」
・「いい歯医者」「悪い歯医者」の見分け方

週刊現代の11月5日発行号の
表紙に書かれているタイトル・コピーです。

ついこの間までは週刊ポストが盛んに
「やってはいけない歯科治療」などなど
何回かにわたって掲載していました。

今度は「週刊現代」です。

余程、歯医者ネタが読者に受けているようですね。
悪徳歯医者がネタになるようです。

ページを開くと…

過当競争で「悪徳歯医者」が急増中
そもそも「医者と歯医者」は試験が違うし別物です
とあります。

歯医者、随分とナメられています。

・ちゃんと治さず、再診させる
・へたなのにやりたがる理由(インプラント)
・歯医者は患者のせいにする
・歯を失った患者は「金ズル」
・すぐ抜きたがる歯医者は危ない
・高いから安心とも言えない

小見出しだけを見ても
悪徳歯医者のことがいっぱい書かれています。

このようなことを書かれて
日本の歯医者は、なんともないのでしょうか?

元締めの「日本歯科医師会」は抗議しないのでしょうか?

日常的に
このようなことが現実に行われているので
放置しているというのでしょうか?

この「歯医者選び」のブログでも
再三、指摘していることですので
いまさら週刊誌をごらんにならなくても
おわかりになるはず。

週刊現代の記事に
歯医者が収入を上げるためによく行う不要な治療として…

・歯石のほとんどない患者や歯周病でない人の
スケーリング(歯石取り)
歯石除去のリピーターは歯科医院にとっては
確実な収入源になる。

・とくに問題ない詰め物や被せ物を
虫歯になっていると診断して、外して詰め直したり
被せ直したりする。
この手の治療はいちばん簡単で、しかも儲けになる。

・小さな虫歯に樹脂を詰めた際、
大きな虫歯に詰めたことにして、高めの診療報酬を得る。
これは診療費の不正請求にあたるが、
なかなか確かめることが難しい。

経営が苦しい歯科医院はあの手この手で無駄な治療を行って
診療報酬を得ようとする…と書いています。

実際、患者にはわからない診療内容。

いい歯医者を見つけるほうが、むつかしい、という
声が上がるのも頷けます。

この「歯医者選び」でも
いい歯医者を、どのように紹介すればよいか
いまだに苦慮しています。

出来るだけ早く、いい歯医者をご紹介できるよう
努力しますが、なかなか正解がみつかりません。

かかりつけの歯科医は
歯医者向けに
いろいろな取り組みをはじめているようです。

先日、定期健診に行きましたら
「保険で患者を集め自費を売る」
いつまでこんな古くさいビジネスモデルをつづけるつもりですか?
と書かれた歯医者向けのプリントをいただきました。

東京で開催の「ワンディ講演会」の案内状です。

歯科診療の裏話や批判がメディアに取り上げられ、
歯科医の誇りを無視したこれらの扱い…云々と。

歯医者の信頼を取り戻そう、という講演会のようです。
同時に、患者に口腔健康の価値を認識させようということのよう。

いずれにしても歯医者が対象。

「歯医者選び」のこのブログは、患者が対象。
歯医者でない人間が、歯医者に騙されないための情報を
書いているわけです。

しかし、これでいいのか、絶えず自問自答を繰り返しています。

本当に「いい歯医者を選ぶ」には、
どうすればいいのか?
当分、悩みは続きそうです。

あちこちから「いい歯医者を紹介してほしい」と頼まれています。
本当に「いい歯医者」を紹介できるまで、
しっかり調査したいと考えています。

そんなわけで、しばらく取材、調査のため、お休みをいただきます。

では、また。ごきげんよう。

近々、いい歯医者を紹介するHPをつくります。

「歯医者で治したはずの場所が、
新たな病の温床になっている。」

週刊ポストが8月5日号で
またまた、歯科界に問題を突きつけています。

この週刊ポストの、ひつこい問題提起に
歯科関係者が、
なんら反応しない、というのも不思議ですね。

「そのようなことは、ありうる」と
歯科医の誰もが思っているからでしょうか?

そうだとしたら、
いまの歯科界の惨状には呆れます。

歯医者選びが、
ますます、むつかしくなってきます。

治療を何度も繰り返して、
挙げ句の果てに抜歯を宣告される…

本シリーズでは、
そうした歯科治療のタブーを明らかにしてきたが
治療によるリスクは他にも数多くある、
と週刊ポスト。

これからも歯科界に
問題提起をする考えを示しています。

問題提起をされても
読者は、なすすべがありません。

どう歯医者選びをしていいのかわかりません。
困ったことです。

だから40年以上の臨床データを持つ
歯科医の正しい歯科治療を
お知らせしようと思うわけです。

歯医者選びで、大切なことは
ご自分の歯の痛みの部分を治療するのではなく
デンタルドックから健康治療、
さらにメンテナンスというカタチで
お口全体の健康をつくり、
そして守っていくシステムを実践している
歯科医院を見つけることが重要です。

デンタルドックとは…

人間ドックは、体について詳しく調べます。
それと同じように
お口の中の全体を詳しく調べるのがデンタルドック。

詳しい検査により
まだ、ご自分が自覚していない問題を見つけてくれます。

将来的に起こってくる可能性がある問題についても
見つけ出し、早めに対処してくれます。

また、自身でも気づいていないムシ歯や歯周病、
顎や口全体の機能について発見してくれます。

そのうえで治療計画を立て、
治療費用について話し合い
それぞれの人に見合った
最適な計画を提案してくれるのが、いい歯科医院です。

近々、ホームページを作成して
いい歯医者を紹介できるシステムをつくりますので
しばらくお待ちください。

では、また。ごきげんよう。

健康長寿のための「お口」のメンテナンス。

かかりつけ歯科医の
メンテナンスについてお話します。 

メンテナンスは健康寿命を大きく延ばします。
いい歯医者のメンテナンスの見本です。

手元にある、かかりつけ歯科の資料では

➀オーダーメイドの「清掃法」作成。

長い年月の間にお口の中は変化していきます。
そのときに、以前に習ったお手入れ方法のままでは
病気を予防することが、むつかしくなります。

そこで、今のお口に合わせた清掃方法を作成します。

噛み合わせの長期管理。

噛み合わせは一生変わらないものではなく、
年齢とともにどんどん変化します。

噛み合わせが狂うと顎関節症や歯周病などの原因になります。

噛み合わせを定期的に調整することで
顎関節症・歯周病・歯の破折を予防することができます。

歯をなくさない治療

歯は、治療を繰り返すと 
どんどん残っている歯が小さくなります。

初期の小さな虫歯は、すぐに治療をする必要がないことが
意外と多いので、経過観察を行うことで
歯を大切に守ることができます。

かぶせ物も、できるだけ かぶせ物はそのままで
虫歯の部分だけを治療します。

何回もやり替えない治療をめざします。

せ周病の長期管理。

歯周病はいったん進むと完治が難しい慢性疾患です。

放置すると炎症がどんどん進行し、歯を失うだけでなく
心臓病や糖尿病などを悪化させます。

これをストップさせるには歯の周囲のポケット内の
細菌をコントロールして、炎症を止め続けることが必要です。

症状に合わせた長期プランを立てて
歯周病が進まないように管理します。

ツ蟯的メンテナンスのメリット

メンテナンスは悪くなったところを見つけるための
検診ではありません。

悪くならない方法を見つけるための検診です。

お口の健康は全身の健康に影響します。
お口を健康にすることは心臓病、糖尿病名地の
成人病の予防になることが分かっています。

お口の健康を守るためには定期的な
メンテナンスが必要なのです。

δ拘メンテナンスのメリット

あなたのお口の情報、治療内容の記録を
すべて保存しています。

※一般の歯科医院の保存は5年です。

もし治療が必要となった時も、それまでに蓄積された
あなたのデータに基づいて正確な診断と、
あなたにとって一番良い治療を
行うことができます。

また、皆様のデータの蓄積、分析から
将来的な傾向を予測した予防対策ができます。

書かれているのは以上の通りです。
メンテナンスが、いかに大切か。

詳しくお知りになりたい方は、
http://good-smile.com/ 


健康は歯医者で決まるようですね。 

歯医者選びをされている皆さん
ぜひ、いい歯医者を選んでください。

では、また。ごきげんよう。

「8020」を実践する歯医者と患者。

歯医者に行ったら
いきなり「これは大変だ」と
有無を言わさず、歯を3本抜かれた…

ヒドイ歯医者がいるものですね。

週の始めの13日(金)
かかりつけの歯科医に診てもらっている患者の「くらぶ」の
「役員会」があって、そこで聞いた、とんでもない話です。

いきなり歯を3本抜かれたのは、
出席しておられた役員のお知り合いの方。

居合わせた、かかりつけの歯科医は
「そんな歯医者がいると聞くだけでも恥ずかしい」
と顔を曇らせました。

やはり居合わせた役員のお一人が
「まさか、と思われるでしょうが …」
と、ある歯医者から聞いたという話をしてくれました。

「どの歯でもよいから 
健康な歯を削って神経を抜け! 」

と経営コンサルタントに言われたそうです。

そのコンサルタント会社は上場企業。

上場企業の担当指導員はカリスマ指導員として、
いま歯医者の間では経営の神様ともてはやされているとか。

聞いた話ですので、事実かどうかわかりませんが、
いきなり歯を3本抜かれた話と、どこか辻褄が合うようです。

確かにそのコンサルタント会社は
歯医者の経営指導に力を入れているようです。

ブラック歯医者を育てていると揶揄されています。

「1ヵ月で×××万円儲かります」という
パンフレットを見たことがあります。

儲けの手口はさまざま。

白い歯を患者に買わせる。
在宅歯科と称して 寝たきり老人の口を金儲けの道具にする。 

保険は適用されませんが、新しい材料が入りました。 
これを使えば「義歯」が数段よくなりますというセリフ。

衛生士にセールストークを教え3ヵ月で業績をあげさせるテクニック。

こんな歯医者にかかったら最悪です。

しかし、このような歯医者が存在するのは
それなりの理由があるのでしょうね。

ブラック歯医者が横行する背景には
コンビニ並みに歯科医院が増え、
経営が苦しくなっている状況があるのかもしれません。

それを見越して、コンサルタント会社が暗躍。

コンサルタント会社の商売に、
歯科医の誇りを忘れた歯医者が飛び乗った図式です。

ブラック歯医者に、引っかからないよう
どうぞ、ご用心、ご用心。

さて、役員会の話に戻ります。
 
実は今回、
患者の集まりである「くらぶ」は、40周年を迎えます。

この、くらぶには
80歳になっても健康な歯が「20本」以上ある人が
大勢います。

「8020」と言われる人たちです。

今回は、その「8020」の人たちが集まって
歯による健康長寿を祝おうというわけです。

例年開かれる総会では
「ムシ歯や歯周病」などの話が主で
とくに「歯周病予防のために、なにが大切か」という話が
多いようです。

このような話のお蔭で歯の大切さを知り
「歯による健康長寿」を実践しているわけです。

でも、実践している人たちではなく
本当は歯で悩んでいる多くの人に聞いていただきたい話です。

とくに歯医者選びをされている皆さんにこそ
聞いていただきたい話です。

また、「8020」を実践している人たちの声を
直接、じかに聞いていただけたら…と思うばかりです。

いい歯医者にかかっている私たちだけが
「いい歯」をして
その「いい歯医者」の存在をお教えしないのは、
いけません。

全国に、同じような「くらぶ」があります。
きっと皆さんの地域にも、その「くらぶ」があるはず。

なぜ、その「くらぶ」が
歯医者選びに困っている人のために声をあげないのか?
不思議です。

筆者は歯がゆい思いをしながら
歯医者選びのブログを書いています。

・簡単に歯を抜く歯医者
・悪くない歯を治療して保険点数を稼ぐ歯医者 
・ムシ歯も歯周病も治せない歯医者
・インプラントを勧める歯医者

これらの歯医者は皆、ブラック歯医者と疑ってください。 
というだけのことしか書けないブログに限界を感じています。

もし、許されるなら「くらぶ」の紹介をしたいと
思っているのですが…。

「くらぶ」の40周年の総会は
11月23日(勤労感謝の日)に開催されます。

歯医者選びをされている皆さんを
お招きできればよいのですが。

世の中には、ブラック歯医者よりも多く
歯科医の誇りをもった歯医者が、たくさんいると信じて
「いい歯医者」の応援をしています。

歯医者は「商売」を職業にしてはいけません。

歯医者はプロフェッション。
歯(口腔)で人の命を救う職業です。

「患者が健康な歯で幸せな生涯を過ごせるよう、
最善の奉仕を行う」

かかりつけの歯科医の哲学です。

では、また。ごきげんよう。

歯医者選びをされている方々が
いい歯医者に巡り合えるように祈っています。

あなたの歯は何本ありますか?

かかりつけの歯科医から
ハガキが届きました。

あなたの2015年度の歯の本数××本。
そのうち神経が無い歯×本
メンテナンス期間××年というものでした。

歯医者に通っていても
自分の歯が何本あるのか、気にしたことがありません。

改めて自分の歯が何本あるのか
正確に知ることができました。

また、歯の状況を知ることができました。

歯医者選びをなさっている皆さん。

あなたの歯は何本あるか、わかりますか?
神経の無い歯が何本あるか、わかりますか?

自分の顔は毎日、鏡で見ていますよね。

とくに女性の方は化粧で念入りにご覧になっているはず。
男性の方は髭剃りのとき、出勤前に。

歯は、その顔の真ん中の「口の中」にあるのに
案外、口を開けて、じっくり自分の歯を見ることがありません。

確かに白い歯が見える口元は見ますが、
歯の奥まで見ることは、ほとんどないのが現実。

歯は何本あるのか、
きっと筆者同様、数えたことがないかもしれませんね(失礼)。

前の歯だけは気にしているのですが。
白く綺麗でありたい…と。

奥の歯、とくに上の奥の歯など見たこともありません。

見るには小さい鏡が必要です。
口の中に入れ、合わせ鏡で見る以外ありません。

皆さん。一度じっくり奥の歯をご覧になってください。
奥の歯と手前の歯は大きさも形も違いますよ。

上の奥歯と下の奥歯も形が違います。
この歯が、私たちの命を支えているのです。

かかりつけの歯科医に聞きますと
80%歯周病にかかっている、と言います。

歯周病は歯を支える骨の病気。

一度、自分で自分の歯をじっくりご覧になってください。
きっと新しい発見があります。

前の歯は兎も角、
奥の歯はめったに見ません。
目で確かめる存在では無いのですね。

歯周病菌が歯と歯肉の間の隙間に
無色で膜状にへばりつき住みついていると歯科医。
こわいですね。

その歯周病菌が密かに歯肉、
そして歯を支えている骨を溶かしていると思うとぞっとします。

不快な口臭、腐敗臭。原因は歯周病かも。

いますぐ、鏡でご覧になってください。

歯肉の色は、ピンクですか。
それとも赤く腫れてませんか。

歯石が歯にこびりついていませんか。
歯と歯の間の歯肉は鋭い3角形ですか。

奥の歯の修復物のまわりに
ひょっとしたら細菌の巣があるかもしれません。

まず、自分の歯を、歯肉を
自分の目で確かめる必要があります。

口の中の隅々まで清潔であることが
歯を歯周病から守る唯一の方法です。

お口の中の衛生状態のチェック
歯のクリーニング
歯周病の検診など

一度、歯科医で検査を受け
お口の隅々まで診てもらいましょう。

それにしても
あなたの2015年度の歯の本数××本。
そのうち神経が無い歯×本
メンテナンス期間××年というような
「お知らせ」をくれるような
歯医者に巡り合えるといいですね。

歯医者選びをされている皆さん
どうぞ、いい歯科医を見つけてください。

いい歯医者を見つけることが健康長寿の第一歩です。

では、また…。ごきげんよう。
      記事検索
      QRコード
QRコード