歯医者選び.jp

歯医者選び.jpが 歯医者選びの参考になれば幸いです。

インプラント

巧妙な手口でインプラントの勧誘。

最近、新聞の折り込みに
「歯」に関係するチラシが多くなりました。

その大半はインプラントの誘いです。

たとえば
「歯周病からインプラントまで
受診の前に絶対知っておきたい。」
というようなキャッチコピーで
「歯科治療にはセカンドオピニオンが大事です。」
と歯医者選びをされている方の興味を惹いています。

チラシには
・歯周病とは?
・歯を失うとどうなるの?
・治療法の選択や時期、費用を考えるには?

「歯の治療市民公開」講座を通して正しい歯の治療法を…
と、いかにも歯医者選びに必要なことを記しています。

しかし、チラシの目的は
明らかにインプラントへの誘導。

「歯周病になりにくいインプラントがあります」と
目立つ文字で表示されています。

・歯を失ったときのインプラントとは?
・人工の歯根 インプラント
・インプラント治療
・インプラントの治療後はどうするの?

インプラントへの誘導が実に巧みです。

「歯の治療市民公開講座」というやり方

入れ歯、ブリッジ、インプラントと並べて
最終的にはインプラントにもっていくやり方は
マーケティングのプロの仕業。

最近は「インプラント」の施術も
大きく進歩したようですが
それでもインプラントに関する訴訟が絶えないのは
事実です。

セカンドオピニオンとして
お気軽に参加ください、という
呼びかけに、かなりの人が集まるようです。

他人の商売にケチをつけるつもりはありませんが
この手のチラシには十分気をつける必要があります。

自分は大丈夫と自信を持っていても
相手はその道のプロ。

いつの間にかインプラントの誘いに
応じるハメになるかもしれません。

歯科業界は、いま戦国時代
油断するとつぶれてしまう状況。

手を打たなければと、
てっとり早くお金儲けが出来るインプラントに
多くの歯医者は首を突っ込むわけです。

どの歯医者もインプラントの
看板をあげるようになりました。

歯医者選びをされている方
インプラントの誘いには十分気をつけてください。

よくよく吟味し、よく理解することが大事です。

インプラントにケチをつけているわけではありません。

ただ、インプラントは
顎の骨に人工歯根をボルトで固定するわけです。

歯周病、心臓病、糖尿病、
あるいは金属アレルギーの方は
十分気をつけなければなりません。

さらに インプラント施術後の
モメゴト、いざこざ、訴訟がいかに多いか
知る必要があります。

歯医者選びをされている皆さんには
おすすめしていません。

なお、当ブログに
インプラントの広告が掲載されていることが
あるようですが、
当ブログとは一切関係ありません。

サイトの運営者が、
無断で勝手に広告を挿入しているだけです。

広告は当ブログとは一切関係ありませんので
念のため申しあげます。

では、また。ごきげんよう。

むつかしいですね、歯医者選び。

週刊ポスト 7.22・29号に

やってはいけない歯科治療
「歯医者の値段」のからくり

抜かないと儲からない
削れば削るほど儲かる理由

こんな見出しが表紙の中央にドンと載っています。

「やってはいけない歯科治療の」第3弾

なぜ歯医者絡みのトラブルや
疑問がこんなにおおいのか。
背景には
「患者のためになる治療はカネにならない」という
構造的な欠陥がある…と断言しています。

これを書いたジャーナリストは
矛盾に満ちた歯科業界の
構造的な病巣にメスを入れ、
患者不在の歯科治療を変革することだ、と息まいています。

そのためには、まず現場で起きている深刻な問題や
トラブルという「膿み」を出し切ることが必要になる、
と書いています。

歯科業界に関わる人間なら
誰でも知っている「国の制度設計」の問題を突いています。

実際、日本の歯科診療は「保険と自費」の
二重構造になっています。

これが、すべての元凶。

執筆のジャーナリストが
予防歯科がウリの歯科医院を訪ねたレポートで、
「痛くない歯」を破折(ひび割れ)している
根尖病巣があるので早く抜いたほうがいい、と言われ、
抜いた後は、どういう治療になるのかと聞いたところ
「インプラントがベスト」だと言われたと書いています。

「歯を抜いてインプラント」 
これが歯医者の実態だと言います。

このような記事を読むと
歯医者選びが余計にむつかしくなってきます。

・患者不在の値段設定の罪

・入れ歯の価額差のカラクリ

・保険と自費の歪で、真面目な歯科医がバカを見る。

歯科の業界は、本当のところ、どうなっているのでしょうね。

筆者のかかりつけのような歯科医は、
稀(マレ)だと言うのでしょうか?

筆者の、かかりつけの歯科医院のように
40年以上の臨床データがあり
その患者が、集まってつくる「患者組織 あいしくらぶ」は
全国でも珍しい存在。

歯医者選びをされておられる方に
このような患者組織をもつ歯科医院を
勇気をもって紹介する必要がありそうですね。

では、また。ごきげんよう。

歯科医療の改革が始まります。

かかりつけの歯科医 川村泰雄先生が
歯科医療の改革のために動き始めたようです。

歯科医療革命 
「新しい価値の創造 ・口腔の健康」という
タイトルのメールをいただきました。

歯医者選びをされている皆さんの
参考になるか、どうか、わかりませんが
「歯科医療」の現状を
お察しいただけるかと思います。

川村泰雄先生がくださったメールを
筆者が、筆者なりに解釈してお伝えします。

川村泰雄先生の意にそぐわない箇所があれば
平にお許しを。(以下)

私(川村泰雄)は50年にわたり「近代歯科」の
「予防歯科」という
世界のスタンダードの普及に努力してきました。

しかし、現在
日本の歯科界は見るも哀れなほど衰退、劣化しています。

テレビの番組では
日本の歯科医の質は、世界に比べて低く、
経営も苦しく、
子どもの虫歯も治さず、
高齢者にインプラントをすすめていると、
歯科医を批判しています。

「もうだまされないぞ歯科医に」

そんなタイトルが経済雑誌の表紙に大きく書かれ、
歯科特集が組まれていました。

何故この様な哀れな歯科界になったのでしょうか。

私は老骨を顧みず、
志ある歯科医の皆さんと共に
この問題について討議したいと思います。

☀日本医師会は2015年 新聞各紙に3回にわたり

「日本人の口の中の健康意識が低く、口の中は黴菌がいっぱい 。
日本人成人の80%が歯周病に罹っています。

歯周病は、糖尿病 脳梗塞、呼吸器疾患の原因になります。
そして健康長寿を短くします。元気な身体は日常の口腔ケアから」

こんな意見広告が
歯科医師会でなく、医師会が出しました。

☀ライオン株式会社は
「歯科医療の使命は健康長寿の延伸である」と
歯科医を啓蒙するためのシンポジウムを開催します。

また、2014「日本・アメリカ・スエーデン3カ国の
オーラルケア意識調査を発表しています。それによると…

欧米では7割以上が「予防歯科」を実施し、
定期検診を受けている。

プラックコントロールの指導を受け、ブラシとフロスで
セルフケアを行っている、と伝えています。

しかも、欧米では憧れの職業のトップに「歯科医」をあげている
という結果を記しています。

日本の現状と、あまりの違いに、
ライオン株式会社は
「予防歯科」の普及を積極的に行うと
社長が宣言しました。

日本人に「歯を磨く」習慣をつくった
「ライオン歯磨」の責任を、感じているのかもしれません。

☀「がん連携登録歯科医」の登場は
がん治療に関する医科・歯科連携の流れ。

パンフレットの表紙に
「歯科医に行こう。  
治療前からのケアのすすめ。

お口の中を整えるのも、がん治療の一部です」とあります。

 「整える」とはなにを意味するのでしょうね。
医療現場では余程の事が起こっているようです。

口腔の健康はQOLに繋がるだけでなく、
死に繋がる事を、医師が、我々歯科医に問いかけてきた訳です。

☀歯科医は、患者さんに口腔の健康の大事さを語らず、
ひたすら黴菌が一杯の口の中で、歯を削り…、
歯周病を治す事が出来ず、
成人の80%。が歯周病患者という現状の中、
インプラントに血まなこになって稼ごうとしています。

それも自費治療を求めて!

あるコンサルト会社は、歯科界を餌食場にして
劣化した歯科界に手垢に汚れた手法の
利己主義的なビジネス手法を歯科医に教えています。

歯科医の不信を増幅させるような行為は
断じて許すことが出来ません。

☀保険歯科を中心とする日本の歯科医療の改革を
いま、社会が求めています。

大きな時代の流れは、
「口腔の健康」という価値を問い始めています。

世界の口腔健康科学に根拠を持つ、
世界のスタンダードの歯科医療への変革が求められているのです。

☀口腔健康とは何かを世に問い、
予防歯科による咬合病、歯周病の治療・口腔健康管理をシステム化し、
セルフケアとプロケアで結果を出して行かなければなりません。

予防の無い「保険制度」では限界があります。

しかし日本の歯科医師たちは
保険の枠内でどうするかで、頭がいっぱいなのが現状です。

私たちは、自由診療による新しいコンセプトの
歯科診療システムを創る運動を始めました。

これは、社会が気づき、それを求めているからです。

いまこそ「口腔の健康」という、新しい価値の創造が必要です。

私たちのグループは45年以上
患者さんと共に成果を上げてきました。

「あいし・くらぶ」という患者のデータこそが
歯科医療の、あるべき姿を実証しています。

「最初のペンギンとして」今がチャンスです。

全国の歯科医の皆さん。
この討議に参加しましょう!

と、かかりつけの歯科医
川村泰雄先生は熱く呼びかけています。

歯科医の方が、このブログをお読みなら
次のアドレスにお問い合わせください。

http://good-smile.com/kawamura/

歯医者選びの皆さん。

どうぞ、いい歯医者を選んでください。
決してインプラント施術を受けてはいけません。

あなたの健康を第一に考える歯科医を見つけて
ご相談ください。

では、また。ごきげんよう。

インプラントは すすめられても決して承諾してはいけません。 事故が多発しています。

いま 大学病院は
インプラントの施術後の始末で追われているようです。
 
インプラントの危険性については
再三申しあげていますが、
インプラントは
大学では教えていないのです。
 
殆ど訓練も受けていません。 
また、専門医資格の制度もありません。
 
ご自分たちが
勝手に都合のよいように作った学会が
認定医としているだけで、
実際「認定医」でなくても
インプラント施術が出来るのです。
 
お金儲けのためにブラック歯医者が編み出した
打ちでの小槌でしょうね。
 
そのため迷惑しているのが大学病院。
 
本来の高度な歯科治療ではなく
インプラントの施術で
どうにもならなくなったお口の中の
いわば後始末治療に貴重な時間を割いている状態です。
 
ある大学病院の患者さんは
インプラント手術の後遺症として神経麻痺を起こし
激痛が激しく、苦しんでいたと言います。
 
その後、改善が見られず苦しんだあげく
自殺したという話があります。
 
こうした事態に
一部の大学では、授業を新設して、
治療の技術とモラルを向上させる取り組みを始めたともいいます。
 
それでもインプラントは邪道だと言う教授も多いようです。
 
インプラントが
歯科治療の中で有効な手段であるという歯科医もいますが
決して、夢の手段ではありません。
 
まして誰にでも任せてよい治療でもありません。
 
施術を受ける上で
技量を十分見極めることが必要がです。
 
前にも記しましたが
インプラントに関して
フィンランドは世界で一番進んだ国です。
 
したがってインプラント施術も
相当の訓練を受けた専門医だけが行う事が出来る仕組みになっています。
 
それでもインプラント施術を受けた40%が、5年後には
その骨に打ち込んだインプラントが
インプラント周囲炎と言う歯周病にかかっていることが
疫学調査でわかったと言います。
 
フィンランドは80歳で平均25本、自分の歯がある国です。
口腔の健康に世界で一番関心のある国です。
 
その国でも、インプラント周囲炎の治療法はないようです。
インプラントを外すしか治療法がないと言います。
 
いま日本では
成人の80%がかかっている恐ろしい歯周病を
治すことが出来ない歯医者が、
インプラント周囲病を植え付け
骨を破壊する病気を作っています。
 
ドロドロの不潔な口の中にインプラントを入れ、
お金にしょうと言うブラック歯科医が多いと言う事です。
 
インプラントの埋入に関しては十分注意が必要です.。
 
数年前、インプラントの施術で誤って血管を損傷させ、
患者さんがお亡くなりになったという出来事がありました。
 
業務上過失致死罪に問われた歯科医は
禁錮1年6月、執行猶予3年の判決を受けました。
. 
このインプラントを行った歯科医は
インプラントで成功した勝ち組の歯科医として
週刊誌に取り上げられるほどの人でした。
 
歯科医師会から配布される医療事故に関する資料には、
かなりの高頻度でインプラントの医事処理の報告が載っています。
 
だが、それは氷山の一角。
 
歯科医師会の医事処理委員会に報告のあったものだけです。
表に出てきていない事故はもっと多くあるはず。
 
インプラントをすすめられても決して承諾してはいけません。
 
「簡単に歯を抜かないでください」と声を大にしてください。
抜かなければインプラントを入れる必要がありません。
 
では、また。ごきげんよう。

金儲け主義の歯医者が増えている。

1ヵ月余、ブログを休ませていただきました。

その間、歯医者を取材したり、
歯で悩んでいる方々のお話を伺ったりしていました。

あわせて市場調査を少し…

石を投げれば歯医者と
コンビニに当たるというのは本当です。

歯科診療所の多さに、それこそ「びっくりポン」です。

まともに正直に
歯科治療に取り組んでいたのでは
十分な収入が得られないと言う歯医者。

本音でしょうね。

だから、儲け第一の
金儲け主義の歯医者が増えているのでしょうか。

しかし、歯医者は
人様の命を預かっている職業です。

お金儲けが悪いとは言いませんが
商売人になって欲しくありません。

まして、ご自分の家族には施さない技術、治療を、
金儲けの手段として使わないでもらいたい。

いま、金儲けの道具として
多くの歯医者が無理強いしているのが「インプラント」。

顎の骨にチタン製の棒をねじ込み
その上に人工の歯を取りつけるという技術です。

歯医者に聞くと
ほとんどの歯医者は
「自分の家族にはすすめたくない」と言います。
理由は「入れ歯で十分だから」と答えます。

なのに他人には、第二の歯、ご自分の歯と変わらない、
噛み合わせもいい、噛み心地もいい…と
インプラントをすすめます。

なぜか?儲かるからです。

歯を治療するより、早く歯を抜いて
インプラントにしたほうが、お金儲けになるからです。

ところが、このインプラント。
最近、事故が多発していて患者離れを引き起こしつつあります。
裁判沙汰になっている事故も多くなっています。

インプラントに代わる
お金儲けができる歯科治療は…と考えるのがブラック歯医者。

方法はいくらでもあると豪語する歯医者は、
たとえば
「被せに保健では認められない金属を使えばいい」と笑います。

ブラック歯医者が増えています。

歯科医療が劣化するというような事態にならないことを
願わずにはおれません。

「歯医者選び」をされている皆さん。
今年こそ、いい歯医者に巡り合うように
お祈りします。

では、また。ごきげんよう。

2月から毎週、土曜日
「歯医者選び」のブログを配信します。

お役に立つブログにしたいと思います。
では…。

ちょっと付け加えて 
インプラントについて少々。

次のような方は
インプラントをすすめられても断ってください。

たばこを吸っている人、
糖尿病の人、
歯をしっかり磨かない人

すすめられてもインプラントをしてはいけません。
欧米では、このような人は
インプラント禁忌、日本では無法です。

隣に歯周病の歯があっても関係なく、
インプラントをすすめる歯医者。

他のところに虫歯、歯周病があっても
それを治さずインプラントをすすめる歯医者。

それに外科的治療技術がない歯科医院に行ってはいけません。

骨を突き抜けたり、
上顎洞、下顎管(下顎の神経血管の管)を
損傷する危険があります。

インプラントが歯周病のように感染したら
骨が炎症して広範囲の骨を失うことになります。

インプラントは、もう一度入れ替えることは出来ません。
入れ歯をそこに入れることも大変難しく、
出来ないと考えるべきでしょう。

インプラントに要注意です。
      記事検索
      QRコード
QRコード