歯医者選び.jp

歯医者選び.jpが 歯医者選びの参考になれば幸いです。

フロス

歯の病気にならないためには予防が第一。

病気になってから治療するよりは
病気にならない予防に力を入れるべきだ。

かかりつけの川村泰雄歯科医が
口癖のように言う言葉です。

川村泰雄歯科医が予防歯科診療を初めて
すでに40年以上になります。

歯が痛い時、
噛めない時だけに歯科医院に行くのは間違っている、
と歯の健康をサポートする予防歯科医療を
取り入れたよう。
 
歯は老化と共に失われるのではなく
身体の他の臓器と同じく
一生涯、寿命と共にあるべきものである
という考え方が基本にあるようです。
  
歯が抜ける原因は老化ではないと言います。

歯が抜けるのは歯周病と虫歯が主な原因。
だから、それを予防することが第一と言います。

川村泰雄歯科医は本当の最新の予防歯科とは…

自分の口の状態を客観的に知ること
正しい口のお手入れの仕方を身につけること。
フロスを使用すること。

歯科医は歯の神経を安易に抜かないこと。
虫歯を早期に発見し治療すること。

歯周病の早期発見と歯の周りの清掃、歯石除去の徹底すること。
噛み合わせを診断し、お口の噛み合わせの再構成をすること。

アゴの関節の病状を診断すること。
メンテナンスを少なくとも半年に一度行い、継続すること。

川村泰雄歯科医の言葉です。

さらに筆者が感心するのは
完全な感染予防診療を行っていること。

話を聞くと
すべての器具、機材を完全に滅菌消毒しています。

そんなこと、あたりまえと思っている方が多いでしょうが
実態は、あたりまえではないのです。
患者が知らないだけです。

雑誌に
「歯科医院で治療を受けることでC型肝炎に感染する危険が大きい」
という記事が掲載されたことがあります。

つまり、歯科医院内の感染予防が不十分だということです。

歯科治療を受けて
病気が感染するなんてことは
あってはならないこと。

しかし、実態は感染の恐れがあるようです。

川村泰雄歯科医の診療室は個室です。
どうして個室かと聞くと
治療中に飛び散った飛沫等により感染の危険があるからだと
応えてくれました。

40年前より個室で治療を行っていると言います。
 
また、歯牙切削器具
タービンエンジン/ハンドピース
これらは患者ごとに滅菌したモノを使用するそうです。

タービンエンジンを患者ごとに滅菌している歯科医院は、
日本ではごく少数です。

外科用の器具だけに限らず、
すべての治療(歯周病治療、歯肉治療、咬合治療、矯正治療等々)の器具は
使用毎に完全滅菌していると言います。

さらに歯科医及びスタッフの治療用グローブも患者ごとに交換。

感染予防の専門のスタッフ(クリーンナース)が
責任を持ってこれらの管理を行っていると聞きます。

歯医者選びをされている皆さん。
どうぞ、いい歯医者をお選びください。

病気になってから治療するよりは
病気にならない予防に力を入れるべきだ、という言葉は
歯科に限ったことではありません。

健康長寿のために
病気になってから治療するよりは
病気にならない予防に力を入れてください。

では、また。ごきげんよう。

歯周病の予防はフロスです。

歯医者選びを真剣に考えておられる方なら
とっくにご存知のことでしょうね。

歯周病の治療は
細菌の塊(プラック)を一日一回
徹底的にコントロールして
口の中を清潔な環境にすることです。

そのためには
家庭でご自分の歯周病をコントロールする
習慣づけが必要です。

歯周病は歯科医のメスや
衛生士のスケーラだけでは決して治りません。

いい歯医者では、
家庭で歯周病をコントロールできるよう
時間をかけて徹底的に指導してくれます。

ただし、保険の歯科は、
指導する時間が認められていません。

だから保健では歯周病は治らない、と言われるわけです。

最近、テレビのコマーシャルで
歯周病に効く、
歯肉と歯の隙間のプラックを殺菌する、という類の
うがい薬のようなコマーシャルをよく見かけますが
信用してはいけません。

フロスをしなくてもプラックを殺菌するなど
そのようなコマーシャルを信用してはいけません。

プラックを殺菌するなど、99%ありません。

歯周病を防ぐにはフロスが唯一、有効です。
テレビコマーシャルに
騙されてはいけません。

ついでに言いますと
歯ブラシに歯磨きクリームをたっぷりつけて
ゴシゴシ磨いても歯周病菌もムシ歯菌も
なくなりません。つまり効果は
ほとんど期待できません。

歯ブラシで磨いても歯と歯の間
歯と歯肉の隙間の細菌の塊はとれません。

重ねて言いますが、フロスが唯一、有効な手段です。

一日一回、細菌の塊(プラック)を完全に
バラバラにすれば歯周病は予防できます。

このことを「プラックコントロール」といいます。

歯医者選びをされている皆さん、
まずは、フロスで歯周病の予防に努めてください。

では、また。ごきげんよう。

世間でひろまる常識??のウソとホント

このようなタイトルの記事が
筆者が通う歯科医院の健康情報誌に
掲載されていましたのでご紹介します。

一日一回 3分間歯を磨くとお口の病気を予防できる。

薬入り歯磨き粉を使うと虫歯や歯周病を予防できる。

洗口剤でうがいすると虫歯にならない。

固い歯ブラシで歯を磨くときれいになる。

歯周病には歯茎マッサージが効く。

フロスは歯茎に強く当たるから傷がついて血が出る。

フロスをすると歯と歯の隙間が大きくなる。

1 一日一回しっかりと何分間と決めるのではなくお口の手入れが一通り終わるまで。

2 基本的に歯みがき粉はいらない。

3 洗口剤では予防が出来ない。

4 固い歯ブラシはできるだけ使わないほうが良い。
  歯をすり減らし、歯と歯茎の間のバイ菌が取れず、歯周病になる。

5 マッサージは何の効果もない。

6 フロスで出血するのはバイ菌で歯茎が腫れているから。

7 フロスでは歯と歯の間は広くなりません。

歯医者選びをされている皆さんなら
とっくにウソかホントかご存知のはずですね。

 銑Г魯Ε宗1〜7はホント。

いまでも間違った常識で正しい歯の手入れが出来ない方が
いらっしゃいます。

間違った手入れではムシ歯や歯周病で歯を失うことになります。
気をつけたいですね。

かかりつけの歯科医の先生は
「日本での保険歯科は予防歯科が行われていない」と言います。

欧米並みの世界のスタンダードではない、と言います。

そして、日本人の80%がかかっている歯周病は
保健では治らないと断言しています。

歯を失わないためには、
予防しなければなりません。

予防歯科は、保険適用されません。
そのことを理解して
歯医者選びをなさってください。

では、また。ごきげんよう。

歯周病は保険診療では治らない!

歯が抜けるのは歳のせい?というのは
真っ赤なウソ、というのが
かかりつけの歯科医 川村泰雄先生の持論です。

歯を失う大きな原因は「歯周病」

歯周病は、
歯垢(しこう)に含まれる細菌が引き起こす
感染症だと言います。

細菌が歯槽骨などの歯周組織を溶かし
歯周ポケットと呼ばれる隙間をつくり
歯をぐらつかせたり、歯茎がうんだり、出血したり

やがて、歯を失うことになるようです。

歯周病は
歯茎や歯を支える骨を壊すからでしょうね。

いまや成人の80%が
歯周病にかかっていると言われています。

歯周病は、いまや口の中だけの問題ではなく、
糖尿病や動脈硬化など
全身の疾患に悪影響を及ぼすと指摘されています。

生活習慣病の原因の一つとも言われています。

この歯周病の治療は
細菌の塊(プラック)を一日に一回
徹底的にコントロールして
口の中を清潔な環境にすることが重要です。

ご家庭で、ご自分で毎日、フロスすることを
習慣づける必要があります。

ところで歯医者選びをされている皆さん
フロスされていますか?

残念ながらフロスそのものを知らない人が
まだまだ多いようです。

良い歯科医院ならフロスの重要性を
教えてくれます。

スタッフが、
ご家庭で歯周病をコントロールできるように
フロスの扱い方をアドバイスし、
時間をかけて、手を貸して指導してくれます。

しかし、保険診療では、
こうした必要な時間さえ認めていません。
だから、お口の中はバイ菌でいっぱい。

歯周病は「細菌(バイ菌)との戦い」だと言います。

かかりつけの歯科医院での治療は
徹底して原因である細菌をなくすことに
こだわっています。

細菌の塊であるプラックを除去するための
方法を、絶えず教えてくれます。

もちろん
細菌の巣になっている部分をなくしてくれます。
管理してくれます。

生涯、歯を守るためには、
その場限りの、
わるいところだけの、修繕的な治療はしない、
というのが良い歯科医院。

保険診療には、さまざまな制約があります。
歯周病の治療が出来ない原因になっています。

それに歯周病を治すことが出来ない未熟な歯科医が
保険診療の範囲で
歯周病に取り組んでいるため、
成人の80%が歯周病にかかったままというのが実情です。

そして、歯が抜けても「歳だから…」とあきらめています。

「歯は老化で失うのではない」いうのが
かかりつけの歯科医 川村泰雄先生の持論。

歯医者選びをされている皆さん。
良い歯医者をお選びください。

良い歯で一生健康に。

では、また。ごきげんよう…

歯磨きだけでは虫歯菌も歯周病菌も殺せない!

「かつて9割超の子供にあった虫歯が激減している」
と毎日新聞がネット配信。それによると…

・この20年余で1人当たりの本数は4分の1になった。

就寝前の歯磨き習慣や、フッ素を使ったうがいなどの
予防策の浸透が背景にあるとみられる。

一方で歯科医の数が増え続け、
需要と供給のギャップは増すばかりだ。

業界の将来をにらみ、国は高齢者を重視した診療報酬のあり方や、
歯学部の入学定員について方向性を示そうと検討を始めている。

・子供の虫歯は大幅に減っている。
文部科学省の調査によると、12歳児の1人平均の虫歯本数は、
1989年の4.30本から、2013年には1.05本に減少した。

・虫歯のある子供の割合も90%超から半分以下の40%台になった。

歯磨き粉の市場規模も拡大傾向で、
大手メーカー「ライオン」の広報担当者は
昔と違い比較的価格の高い商品が売れ筋。虫歯対策だけでなく、
歯の美白や口臭予防など消費者のニーズは広がっていると指摘する。

・一方、歯科医は増加の一途だ。
歯科医不足が叫ばれ、国の方針で大学の歯学部を増やした結果、
60年代に3万人台だった歯科医は現在10万人余に。

歯科診療所も13年には約6万8000カ所に達し、
コンビニエンスストアの店舗数を超える。

過当競争で年間約1400の診療所が廃業するなど環境は厳しい。

「この歯医者がヤバい」の著書で知られる歯科医の斎藤正人さん(61)は
「保険診療ではやっていけず、高額な自由診療の対象になるインプラントや
矯正歯科に流れる傾向は強い」と指摘。

「歯科医の質は下がり、閑古鳥が鳴く診療所が珍しくない」という。

・国は、業界を取り巻くこうした現状を問題視。

・現在は診療所の受診患者の3人に1人、65歳以上が占めることから、
高齢者に対する訪問医療の診療報酬アップや補助金などによる支援強化、
歯学部の入学定員や歯科医養成のあり方の見直しなどについて検討を始めている。

・厚生労働省歯科保健課は
「従来の歯科医療では先細りが目に見えている。
新たな歯科医のニーズを探し、多様な医療モデルを示したい」と話す。

以上が報道の文面です。

「子供の虫歯が激減」
「歯科医が増加」「歯科医の質は下がり」は事実です。

確かに、いい歯医者が少なくなり
ブラック歯医者が増え続けています。

厚生労働省歯科保健課が
高齢者に対する訪問医療の診療報酬アップや
補助金などによる支援強化を叫んでも
歯科医の質は上がりません。

診療報酬だけを目的にしたブラック歯科医が増えるだけです。

現実、いまでも比較的、保険点数の高い訪問歯科診療が
お金儲けの対象になっています。

それもアルバイト医を使って稼いでいます。

潰れそうな歯医者の医療法人を利用して
経営に首を突っ込んでくる輩もいるとか。

歯医者選びが、健康長寿のために
欠かせない事態になっています。

歯医者選びをされている皆さんに
どうすれば安心できる歯科医を紹介できるか、
いま、思案しています。

いま少し猶予ください。
近いうちに、この「歯科医院」なら安心です、といえる
歯科医院を紹介します。

最後に、かかりつけの歯科医院が出している冊子
「日本の常識は世界の非常識」の一節をご紹介します。

「歯磨クリームが虫歯・歯周病に効く」のウソ

歯磨粉、デンタルクリームを
歯ブラシに沢山つけて
口の周りを白くして、ゴシゴシ磨いても、
歯はすり減るだけで、
虫歯菌も歯周病菌も一匹も死にません。
歯はクリームをつけて磨いても効果がありません。
なぜ?
歯ブラシで歯を磨くだけでは、
歯と歯の間、歯と歯肉の隙間の細菌の塊は取れません。
「フロス」というナイロンの糸を使うことが大事です。

ではまた。ごきげんよう。
      記事検索
      QRコード
QRコード