歯医者選び.jp

歯医者選び.jpが 歯医者選びの参考になれば幸いです。

歯周病

巧妙な手口でインプラントの勧誘。

最近、新聞の折り込みに
「歯」に関係するチラシが多くなりました。

その大半はインプラントの誘いです。

たとえば
「歯周病からインプラントまで
受診の前に絶対知っておきたい。」
というようなキャッチコピーで
「歯科治療にはセカンドオピニオンが大事です。」
と歯医者選びをされている方の興味を惹いています。

チラシには
・歯周病とは?
・歯を失うとどうなるの?
・治療法の選択や時期、費用を考えるには?

「歯の治療市民公開」講座を通して正しい歯の治療法を…
と、いかにも歯医者選びに必要なことを記しています。

しかし、チラシの目的は
明らかにインプラントへの誘導。

「歯周病になりにくいインプラントがあります」と
目立つ文字で表示されています。

・歯を失ったときのインプラントとは?
・人工の歯根 インプラント
・インプラント治療
・インプラントの治療後はどうするの?

インプラントへの誘導が実に巧みです。

「歯の治療市民公開講座」というやり方

入れ歯、ブリッジ、インプラントと並べて
最終的にはインプラントにもっていくやり方は
マーケティングのプロの仕業。

最近は「インプラント」の施術も
大きく進歩したようですが
それでもインプラントに関する訴訟が絶えないのは
事実です。

セカンドオピニオンとして
お気軽に参加ください、という
呼びかけに、かなりの人が集まるようです。

他人の商売にケチをつけるつもりはありませんが
この手のチラシには十分気をつける必要があります。

自分は大丈夫と自信を持っていても
相手はその道のプロ。

いつの間にかインプラントの誘いに
応じるハメになるかもしれません。

歯科業界は、いま戦国時代
油断するとつぶれてしまう状況。

手を打たなければと、
てっとり早くお金儲けが出来るインプラントに
多くの歯医者は首を突っ込むわけです。

どの歯医者もインプラントの
看板をあげるようになりました。

歯医者選びをされている方
インプラントの誘いには十分気をつけてください。

よくよく吟味し、よく理解することが大事です。

インプラントにケチをつけているわけではありません。

ただ、インプラントは
顎の骨に人工歯根をボルトで固定するわけです。

歯周病、心臓病、糖尿病、
あるいは金属アレルギーの方は
十分気をつけなければなりません。

さらに インプラント施術後の
モメゴト、いざこざ、訴訟がいかに多いか
知る必要があります。

歯医者選びをされている皆さんには
おすすめしていません。

なお、当ブログに
インプラントの広告が掲載されていることが
あるようですが、
当ブログとは一切関係ありません。

サイトの運営者が、
無断で勝手に広告を挿入しているだけです。

広告は当ブログとは一切関係ありませんので
念のため申しあげます。

では、また。ごきげんよう。

歯の病気にならないためには予防が第一。

病気になってから治療するよりは
病気にならない予防に力を入れるべきだ。

かかりつけの川村泰雄歯科医が
口癖のように言う言葉です。

川村泰雄歯科医が予防歯科診療を初めて
すでに40年以上になります。

歯が痛い時、
噛めない時だけに歯科医院に行くのは間違っている、
と歯の健康をサポートする予防歯科医療を
取り入れたよう。
 
歯は老化と共に失われるのではなく
身体の他の臓器と同じく
一生涯、寿命と共にあるべきものである
という考え方が基本にあるようです。
  
歯が抜ける原因は老化ではないと言います。

歯が抜けるのは歯周病と虫歯が主な原因。
だから、それを予防することが第一と言います。

川村泰雄歯科医は本当の最新の予防歯科とは…

自分の口の状態を客観的に知ること
正しい口のお手入れの仕方を身につけること。
フロスを使用すること。

歯科医は歯の神経を安易に抜かないこと。
虫歯を早期に発見し治療すること。

歯周病の早期発見と歯の周りの清掃、歯石除去の徹底すること。
噛み合わせを診断し、お口の噛み合わせの再構成をすること。

アゴの関節の病状を診断すること。
メンテナンスを少なくとも半年に一度行い、継続すること。

川村泰雄歯科医の言葉です。

さらに筆者が感心するのは
完全な感染予防診療を行っていること。

話を聞くと
すべての器具、機材を完全に滅菌消毒しています。

そんなこと、あたりまえと思っている方が多いでしょうが
実態は、あたりまえではないのです。
患者が知らないだけです。

雑誌に
「歯科医院で治療を受けることでC型肝炎に感染する危険が大きい」
という記事が掲載されたことがあります。

つまり、歯科医院内の感染予防が不十分だということです。

歯科治療を受けて
病気が感染するなんてことは
あってはならないこと。

しかし、実態は感染の恐れがあるようです。

川村泰雄歯科医の診療室は個室です。
どうして個室かと聞くと
治療中に飛び散った飛沫等により感染の危険があるからだと
応えてくれました。

40年前より個室で治療を行っていると言います。
 
また、歯牙切削器具
タービンエンジン/ハンドピース
これらは患者ごとに滅菌したモノを使用するそうです。

タービンエンジンを患者ごとに滅菌している歯科医院は、
日本ではごく少数です。

外科用の器具だけに限らず、
すべての治療(歯周病治療、歯肉治療、咬合治療、矯正治療等々)の器具は
使用毎に完全滅菌していると言います。

さらに歯科医及びスタッフの治療用グローブも患者ごとに交換。

感染予防の専門のスタッフ(クリーンナース)が
責任を持ってこれらの管理を行っていると聞きます。

歯医者選びをされている皆さん。
どうぞ、いい歯医者をお選びください。

病気になってから治療するよりは
病気にならない予防に力を入れるべきだ、という言葉は
歯科に限ったことではありません。

健康長寿のために
病気になってから治療するよりは
病気にならない予防に力を入れてください。

では、また。ごきげんよう。

歯周病の予防はフロスです。

歯医者選びを真剣に考えておられる方なら
とっくにご存知のことでしょうね。

歯周病の治療は
細菌の塊(プラック)を一日一回
徹底的にコントロールして
口の中を清潔な環境にすることです。

そのためには
家庭でご自分の歯周病をコントロールする
習慣づけが必要です。

歯周病は歯科医のメスや
衛生士のスケーラだけでは決して治りません。

いい歯医者では、
家庭で歯周病をコントロールできるよう
時間をかけて徹底的に指導してくれます。

ただし、保険の歯科は、
指導する時間が認められていません。

だから保健では歯周病は治らない、と言われるわけです。

最近、テレビのコマーシャルで
歯周病に効く、
歯肉と歯の隙間のプラックを殺菌する、という類の
うがい薬のようなコマーシャルをよく見かけますが
信用してはいけません。

フロスをしなくてもプラックを殺菌するなど
そのようなコマーシャルを信用してはいけません。

プラックを殺菌するなど、99%ありません。

歯周病を防ぐにはフロスが唯一、有効です。
テレビコマーシャルに
騙されてはいけません。

ついでに言いますと
歯ブラシに歯磨きクリームをたっぷりつけて
ゴシゴシ磨いても歯周病菌もムシ歯菌も
なくなりません。つまり効果は
ほとんど期待できません。

歯ブラシで磨いても歯と歯の間
歯と歯肉の隙間の細菌の塊はとれません。

重ねて言いますが、フロスが唯一、有効な手段です。

一日一回、細菌の塊(プラック)を完全に
バラバラにすれば歯周病は予防できます。

このことを「プラックコントロール」といいます。

歯医者選びをされている皆さん、
まずは、フロスで歯周病の予防に努めてください。

では、また。ごきげんよう。

世間でひろまる常識??のウソとホント

このようなタイトルの記事が
筆者が通う歯科医院の健康情報誌に
掲載されていましたのでご紹介します。

一日一回 3分間歯を磨くとお口の病気を予防できる。

薬入り歯磨き粉を使うと虫歯や歯周病を予防できる。

洗口剤でうがいすると虫歯にならない。

固い歯ブラシで歯を磨くときれいになる。

歯周病には歯茎マッサージが効く。

フロスは歯茎に強く当たるから傷がついて血が出る。

フロスをすると歯と歯の隙間が大きくなる。

1 一日一回しっかりと何分間と決めるのではなくお口の手入れが一通り終わるまで。

2 基本的に歯みがき粉はいらない。

3 洗口剤では予防が出来ない。

4 固い歯ブラシはできるだけ使わないほうが良い。
  歯をすり減らし、歯と歯茎の間のバイ菌が取れず、歯周病になる。

5 マッサージは何の効果もない。

6 フロスで出血するのはバイ菌で歯茎が腫れているから。

7 フロスでは歯と歯の間は広くなりません。

歯医者選びをされている皆さんなら
とっくにウソかホントかご存知のはずですね。

 銑Г魯Ε宗1〜7はホント。

いまでも間違った常識で正しい歯の手入れが出来ない方が
いらっしゃいます。

間違った手入れではムシ歯や歯周病で歯を失うことになります。
気をつけたいですね。

かかりつけの歯科医の先生は
「日本での保険歯科は予防歯科が行われていない」と言います。

欧米並みの世界のスタンダードではない、と言います。

そして、日本人の80%がかかっている歯周病は
保健では治らないと断言しています。

歯を失わないためには、
予防しなければなりません。

予防歯科は、保険適用されません。
そのことを理解して
歯医者選びをなさってください。

では、また。ごきげんよう。

7月から再度ブログ始めます。

しばらくお休みをいただいている間に…

大阪市の歯科医院が診療報酬を不正に受給したとして、
詐欺容疑で、
医院を運営する歯科医師ら数人が逮捕されたという
ニュースがありました。(6月27日) 

その歯科医院では複数の患者の歯を治療したように装って
診療報酬を架空請求したようです。

経営が行き詰まっていたらしいですね。
コンビニより多いと言われている歯医者の数です。

真面目に取り組んでいても大変なのに、
腕を磨かず、研究もせず、
お金儲けだけを考える歯科医はインプラントに手を染めるか
やってもない治療をしたことにして
「不正請求」するか、どちらかでしょうね。

不正請求が、あとを絶たないのは
保険歯科医療が悪の根源かもしれません。

不正請求の根っこは歯科の保険診療にあるようです。

もちろん、保険を扱っていても
いい歯医者は、たくさんいらっしゃいます。
しかし、基本的には
保険では患者さんの痛いというところだけしか治療できません。

歯を削って、詰めて、それでおしまいが、保険歯科医療です。
だから、歯周病などは保険では治らないと言われるのです。

歯を健康に保つためには
保険の適用外である「予防」がなにより大切です。

6月22日、ある新聞で「噛み合わせ」を主体にした事業特集(全面広告?)が
ありました。

見出しだけを拾ってみますと…
高齢者のための、入れ歯と健康フォーラムということで
「歯と口のチカラで健康寿命をのばそう!」
「かみ合わせは身体と一体」
「歯を失ったときが、健康な身体になるチャンス」
認知症と入れ歯の関係では「歯は食べるだけでなく健康にも大きな影響」
歯周病については「唾液に殺菌作用 入れ歯でもよくかんで」
などなどが書かれていました。

広告にしろ、歯について関心を促すことは
歯医者選びの皆さんにとっても、いいことです。

AERA  2016年7月4日号にも「歯」につての特集が組まれています。

この「歯医者選び」で、再三取り上げている内容です。
いまさら、ではありますが一部抜粋して紹介します。

●気がついた時は手遅れ
 歯周病は、日本人の中高年の8割以上がかかっているとされる身近な病気だ。
歯ではなく、歯を支える歯肉や歯槽骨が細菌に侵され、炎症が起きて破壊される感染症で、
進行すれば歯が抜けてしまう。日本人が歯を失う原因は歯周病が最も多い。

 日本歯周病学会と共同で初の公式本『日本人はこうして歯を失っていく』(朝日新聞出版)を
6月、出版した日本臨床歯周病学会の二階堂雅彦理事長はこう話す。

「炎症が歯肉にとどまっている初期段階は目立った症状がなく、ジワジワと進行します。
歯肉が腫れてくさい膿が出る、歯がぐらつく、
といったはっきりした症状が現れる頃にはかなり進行していて、歯を失うことも少なくありません」

●糖尿病悪化の原因にも
「たかが歯の不調」と考えがちな歯周病だが、
さまざまな場面で人生を変える可能性があると知るべきだ。
例えば、大手企業の人事担当者はこう明かす。

「採用面接でも歯は結構、見ていますよ。見た目に加え、
健康管理ができる人かどうかの判断材料になりますから。
営業や広報など顧客相手の仕事は、
ひどい口臭がある人や歯が抜けている人では会社のイメージが悪くなるので
外す場合もあります」

 さらに歯周病が恐ろしいのは、歯周病菌や菌が作り出す毒素、炎症性の物質などが血流に乗り、
体のあちこちで悪さをすることだ。
脳梗塞や狭心症といった循環器病などを悪化させることがわかっている。

 東京医科歯科大学歯学部附属病院・歯周病外来の和泉雄一教授はこう指摘する。

「特に糖尿病は歯周病と密接に関連していて、
片方の治療をおろそかにすればもう一方も悪くなる。
同時にしっかり治療することが大事です」

芸能人じゃなくたって、「歯は命」なのだ。(ライター・熊谷わこ)と結んでいます。

さて、2か月間、歯医者選びのブログを休ませていただきましたが、
7月から不定期ですが
「時を見て」歯医者選びにとって必要な情報を提供いたします。
ご高覧くださいますよう、おねがいします。

では、また。ごきげんよう。
      記事検索
      QRコード
QRコード