歯医者選び.jp

歯医者選び.jpが 歯医者選びの参考になれば幸いです。

歯科医

日本の歯科事情 「日本の健康保険制度は予防歯科診療を認めていません。」

かかりつけの歯科医からメールをいただきました。
内容は週刊誌で「歯科」の取材をする医療ジャーナリストの取材のことでした。

日本の健康保険による歯科医療は80年以上前の古典的なコンセプトの上にあり、
これが歯科医の不勉強を生み、保険制度の穴をくぐる悪魔の誘いに乗り
大きな社会的な不信を生んでいること。
その解決は日本の歯科の進んだ口腔健康科学にもとづくパラダイムシフトが必要であることを話しました、とありました。

そのあとに次のような文がありましたので、要約して紹介します。
歯医者選びの皆さんの参考になるかと思います。

■健康保険では「予防」は認められません。

歯科医療の使命は口腔の健康を創り、健康長寿の延伸です。
歯科疾患は、自然治癒がありません、
予防と疾患の早期発見を行い、プロケアとセルフケアのコラボにより口腔の健康が達成されるのです。

しかし、患者が痛み等の症状が出る前に歯科検診を希望しても、健康保険は認められません。
病気があり、症状が無い限り健康保険は認められないのです。

したがって歯科医は黙って、口腔の健康の大事さと、そのための口腔ケアの必要を話さず、
ただ患者さんが訴える症状で、歯を削り、歯の神経を取り、歯を抜き、歯の修繕をするだけです。
そして、やがてインプラントへ、となるのです。

予防の考えは、健康保険が認めていません。
だから社会から自然発生的には「予防の考え」が起こらないのです。

予防の考えを歯科医の責任として、自分の利益は後にして、
この大事さを患者さんに語ることです。

患者さんの口腔の健康へのモチベーションを高めるべきでしょう。
これが歯科医の使命です。生命倫理です。

でも今の日本事情ではこれを理想だ、と言います。
しかし昨今、社会は、この混乱した歯科医療の中で
本物は何かと真剣に模索しています。

心ある歯科医は「歯科の王道」を世に高く示すべき…と
かかりつけ歯科医は、歯科医に対し求めています。

健康保険が認められない日本の歯科事情です。

では、また。ごきげんよう。

歯医者選びはホームページのチェックから。

ホームページには、いろいろな情報が載っています。

まずは、ホームページで
ご自分の感性、感覚に合うかどうか見てください。

ホームページを開いただけで
印象を感じることが出来るはずです。

キャッチフレーズを見れば
ご自分が探している歯医者かどうか、
判断できると思います。

文章を一行読めば、知りたいことが
そこに書かれているか、どうかわかります。

院長の写真もホームページには必ずあるはずです。
院長の印象はどうか、チェックしてください。

その歯医者に勤務する歯科医の写真もあるはず。
もっとも院長一人だけの歯医者もありますが
たいていは勤務医がいます。

また、歯科衛生士やスタッフの写真もあります。
もし、写真がないようなら
入れ替わりが激しい歯科医院と解釈できます。

写真があっても、実際には辞めて「いない」ことも
あります。放置しているのは、その程度の歯科医院。

写真を見るだけで院長や勤務する歯科医が
ご自分の好みかどうか、
感性、感覚に合うかどうかわかるはずです。
好き嫌いで判断しても多分間違いないでしょうね。

とくに歯科衛生士やスタッフの印象が大事です。

このあたりまでホームページをごらんになると
ある程度の印象がつかめます。

ご自分に「合う」ようであれば
院長、歯科医、歯科衛生士、スタッフのコメントを
読んでみてください。

歯科治療は歯科医の知識、経験がモノを言います。

コメントを見れば歯科医の得意分野もわかります。
経歴、出身大学もわかります。

専門の診療科目を掲げている場合は所属学会が記されています。

したがってコメントを読めば、
その歯科医院の治療姿勢が、おおよそわかります。

しかし、大切なことは、まず、ホームページの第一印象。

これは、もうご自分の感性、感覚に頼るしかありません。
誇大広告のような表現が多いので、しっかり見極めてください。

自己主張、自己宣伝ばかりで
患者の立場をまったく考えていないホームページもあります。

むつかしいことばかり言っているのは
患者にわかってもらおうという意識がないから。

患者無視の歯科医院と思われても仕方がありませんね。

さて、
ホームページには歯科治療に必要な設備が紹介されています。

口腔内カメラ、拡大鏡などなどは
レントゲンだけでなくお口の中を撮るために必要な備品です。

細かいところまで鮮明に撮影できる専用のカメラは
撮った画像をモニターに映して説明するためのものです。

症例写真が載っていたら、その性能がわかります。

次に滅菌設備が完全か、どうか。
細菌感染対策が出来ているかどうかをチェックしてください。

細菌感染対策は歯医者の治療に対する姿勢を表しています。

健康保険診療か、
保険を扱わない診療か、確かめる必要があります。

どちらも扱っている、と言うのは
料金体制がわからない場合が多いので気をつけてください。
歯医者の「お金儲け」に関わっています。

緊急な歯の痛みは健康保険で可能ですが、
健康な歯の維持は「健康保険では出来ない」という
認識くらいはもってください。

そのうえで歯医者選びをされることです。

歯医者選びは
まずホームページのチェックから。

では、また。ごきげんよう。

アスリートも歯が命。

旧友の、スポーツ記者が
久しぶりに訪ねて来てくれました。

話題は、やはり、リオ・オリンピック。

日本柔道や競泳、体操、卓球の活躍ぶりに
話が盛り上がりました。

そして、始まったばかりの陸上競技に話題が移ると
旧友は陸上競技では、メダルはとれそうにありません、
とばっさり。

それでも日本時間8月14日(日)午後9時半に
スタートした女子マラソンの視聴率は高かったようです。

ご存知の通り
福士選手の14位が日本勢トップで、
いちばん若い田中選手が19位、
伊藤選手が49位という結果。

4年後の東京オリンピックまでに
強い選手を育てられるのか、
マラソンだけでなく、開催国として
一層の強化が求められると、と旧友。

そう言えば、アスリートと歯の関係
その後、どうなってますか、と旧友に聞かれ
いや、全然ですと逃げました。

その後とは20年以上、前のこと。

今回、リオの女子マラソンで19位に沈んだ田中選手を
指導している、若き日の、第一生命の山下佐知子監督の
歯を診せてもらった頃の話。

「スポーツ選手の歯と競技の関係」を
調べたことがありました。

当時、一流のスポーツ選手の「歯」と競技との
影響を調べていた筆者は、
関東の歯科医4〜5人の協力を得て
この旧友の紹介で
高校駅伝、男子の強豪高校や
女子の社会人駅伝でトップクラスのチームにお邪魔して
選手たちの「歯」を
診せていただいたことがあります。

強い選手ほど歯に強い負担がかかっていることを
目の当たりに見たのを覚えています。

いまでは「スポーツ選手は歯が命」といわれるほど
スポーツ選手と歯の関係に関心が集まっています。

かみ合わせとプレーの関係を研究する歯科医も
増えてきました。

しかし、当時は、おそらく
ご一緒いただいた歯科医が、その先端を
走っていたと思います。

そのときご一緒していただいた歯科医が
筆者の、かかりつけの歯科医の教えを受けた歯科医。

この歯科医が山下佐知子さんの「歯」を治療し、
噛み合わせに関わり、
その後の競技生活に寄与したようです。

あのとき、もっと歯の健康と
スポーツ選手のパフォーマンスに関わっていたら…と
いま後悔しています。

最近、2020年の東京五輪に向け
アスリートの、噛み合わせとプレーに関連する
研究プロジェクトが発足しました。

一般社団法人セレッソ大阪スポーツクラブと
大阪歯科大学です。

連携して研究する協定を締結したという報道がありました。

研究プロジェクトは
スポーツ歯科医学の発展に寄与したい、と言っています。

やっと東京五輪2020年に向けて「スポーツと歯」の研究が
動き出したようです。

あれから20年以上経ちます。

歯は生涯の健康と深く関わっています。
たくさんの人に
口腔環境の重要性を広めたいね、
と旧友と健康と歯についてのお喋り。

歯について、なにか仕掛けたいね、
口の中を変えたいね、と年甲斐もなく
旧友と意気投合。

歯医者選びの皆さん。
筆者が歯に関わって20年以上です。

きっと皆さんに、いい歯医者をご紹介できるはずです。
しばらく待ってください。

では、また。ごきげんよう。

むつかしいですね、歯医者選び。

週刊ポスト 7.22・29号に

やってはいけない歯科治療
「歯医者の値段」のからくり

抜かないと儲からない
削れば削るほど儲かる理由

こんな見出しが表紙の中央にドンと載っています。

「やってはいけない歯科治療の」第3弾

なぜ歯医者絡みのトラブルや
疑問がこんなにおおいのか。
背景には
「患者のためになる治療はカネにならない」という
構造的な欠陥がある…と断言しています。

これを書いたジャーナリストは
矛盾に満ちた歯科業界の
構造的な病巣にメスを入れ、
患者不在の歯科治療を変革することだ、と息まいています。

そのためには、まず現場で起きている深刻な問題や
トラブルという「膿み」を出し切ることが必要になる、
と書いています。

歯科業界に関わる人間なら
誰でも知っている「国の制度設計」の問題を突いています。

実際、日本の歯科診療は「保険と自費」の
二重構造になっています。

これが、すべての元凶。

執筆のジャーナリストが
予防歯科がウリの歯科医院を訪ねたレポートで、
「痛くない歯」を破折(ひび割れ)している
根尖病巣があるので早く抜いたほうがいい、と言われ、
抜いた後は、どういう治療になるのかと聞いたところ
「インプラントがベスト」だと言われたと書いています。

「歯を抜いてインプラント」 
これが歯医者の実態だと言います。

このような記事を読むと
歯医者選びが余計にむつかしくなってきます。

・患者不在の値段設定の罪

・入れ歯の価額差のカラクリ

・保険と自費の歪で、真面目な歯科医がバカを見る。

歯科の業界は、本当のところ、どうなっているのでしょうね。

筆者のかかりつけのような歯科医は、
稀(マレ)だと言うのでしょうか?

筆者の、かかりつけの歯科医院のように
40年以上の臨床データがあり
その患者が、集まってつくる「患者組織 あいしくらぶ」は
全国でも珍しい存在。

歯医者選びをされておられる方に
このような患者組織をもつ歯科医院を
勇気をもって紹介する必要がありそうですね。

では、また。ごきげんよう。

ブラック歯医者をつくる経営コンサルタント!

東証1部上場の船井総研から
歯科医に送られて来たダイレクトメールには…

・チェア5台以内:自費率20%の医院様へのご案内

 月間自費補綴2本だった歯科医院が、
たった4ヵ月で498万円

毎月20本以上出せる歯科医院の作り方

そして歯科医院の患者さん向けのポスターには…

 「白い歯 あなたへ。ジニコニアクラウン 
  平均価額118.000円のところ
  地域最安値49.800円!

これを成功させる方法は
 まず、白い歯が流行していることを訴え、
 前の歯をホワイティングして白くするだけでなく、
 奥に金属の歯があれば、
 それを外し、
白いクラウンにやり替えるように勧める。

・入社3ヵ月の歯科助手でも
5分で伝わるチェアサイドカウンセリング法を教える。

・自院に合った一番商品の選定の仕方

自費補綴40本のためのマーケティング手法。

毎月 目標を定めスタッフの意識を高める

まず、低額のホワイトニングで患者さんを集める手法を考え、
のち金属クラウンを白いクラウンにやり替えることを
カウンセリングする

というようなDMが届いているようです。

善良な歯科医に
お金儲けには「この手」があると
ブラック歯医者になる手順を指南しているのが
船井総研です。

この企業
業績がよくて「増収増益」とか。

自社の業績を上げるためなら、
他の業界を土足で踏み込みます。

つまりは、その業界での決まりを
法律に触れなければ、
問題なしというかんがえです。

やってはいけない
という自尊心に対し
「しかし、お金儲けをしないと、
倫理もなにもないでしょう」と迫って来るそうです。

ブラック歯医者になる、ならないは
「歯医者の問題」だと、
指導する若いコンサルは、せせら笑います。

しかし、
歯科医療は商売ではありません。
モノを売っているのではありません。

患者さんの病気を治し、健康にする職業です。
    
したがって、クラウン(被せ)は商品ではありません。
医療行為です。

クラウン一つにしても
組織に害を与えない材質で「歯を修復」し、
機能回復に役立つよう細心の注意を払います。

それは、被せた歯が身体の一部になるからです。

自分がイヤでも外す事が出来ない…
 これが医療なのです。

ところがコンサルは
「最近、白い靴が流行しています、
いまなら、この最高級の白い革の靴が
49.800円でOKです」という手法で
販売を促す、指南をしています。

クラウンはセールスするモノではありません。  

クラウン(被せ)は組織を害しない精密さで、
その人のためだけに施す医療です。

ジニコニアクラウンというものが
船井総研によって、すすめられていますが、
それが、どのような材質か
専門的に知っているのか、甚だ疑問です。
      
ジニコニアは
最近出来た材料ですが、
人工ダイヤモンドなど使われている酸化ジニコニュウムです。

まだまだ、いろいろな問題があり
歯科医療界でも慎重さが要求されている材料です。

歯のエナメル質より硬く、
いまの歯科で使用されている切削器で削る事は
不可能と言われるものです。

それを現場を知らないコンサルは
モノ知り顔でジニコニアをすすめます。
もし、土台になる歯が悪くなり
病気が起こったとき、
このクラウンを外す事は出来ません。

また、それを削り、治療することも不可能です。
それなのに、知ったかぶりで指南します。

一本のクラウンでも
これが口に入り、
噛み合わせが悪いと、噛み合う歯が傷つくだけでなく、
顎の関節を破壊することになります。

この治療には、緻密な咬合調整が必要になりますが、
しかし、ジニコニアは咬合を調整することも不可能です。

適合出来ないとして
装着後外すことも困難です。

これは「医原性疾患」と言い
歯科医としての一番重い罪悪です。

いろいろなことが
それらしく「船井総研」の歯科医向けの
パンフレットに書かれていますが、
まだ充分な歯学的にEvidenceがない材質のクラウンを
患者さんを騙して、言いくるめ、売り上げを多く上げる方法を
指南しているのを
黙って見過ごすわけにはいかないと
かかりつけの歯科医は激怒しています。

絶対許してはいけない行為だからです。

利益を追う利己主義なビジネス的なコンセプトで、
歯科医のプロフェッションの世界に泥足で入り、
社会的訓練をされていない多くの
善良な歯科医を
この船井総研という会社は
コンサルタントのマーケットとして狙いを定めているのです。

週間ダイヤモンド誌の表紙には
大きく「もう歯科医には騙されないぞ」と書かれていました。

金儲けのためのビジネスコンサルタントに影響されて
歯科医療界のイメージが、
劣化しつつあると嘆く歯科医もいます。

かかりつけの歯科医師
川村泰雄先生もそのおひとり。

歯科医療の向上ののために
50年以上尽くして来られ、
たくさんの歯科医師を育てて来られた先生の
無念さ、歯がゆさが、よくわかります。

それだけに船井総研の
歯医者に
お金儲けの方法を指南する
「セミナー」を許すことが出来ないのでしょう。

歯科医療に携わるプロフェッションとしての哲学が
汚される思いなのでしょうね。

かかりつけの歯科医院の
「歯科臨床哲学」の最初の項には次ように一文があります。

「患者が健康な歯で幸せな生涯を過ごせるよう、
最善の奉仕を行う。」

船井総研が歯医者に対して行うお金儲けのセミナーとは
次元の違う一文です。

歯医者選びをされる皆さん。

船井総研のセミナーを受けている、
歯医者を選んではいけません。

船井総研のセミナーは
歯の健康を守るためのセミナーではなく
歯科医院の経営、お金儲けを教えるセミナーなのです。

船井総研の事業展開の一つで
歯科を訪ねる患者の味方ではありません。

自分の歯の健康を守るためには
いい歯医者選びをしてください。

ではまた。ごきげんよう。
      記事検索
      QRコード
QRコード