歯医者選び.jp

歯医者選び.jpが 歯医者選びの参考になれば幸いです。

自由診療

自費診療とは、どのような医療なのか?

歯医者の間では普通に使われている言葉に
「自由診療」というのがあります。
辞書で引くと
「公的医療保険制度の枠外の診療を受けること」とあります。

保険適用外の新薬、最先端の医療を受けられることは出来ますが、
その費用は自費となるというわけです。

保険外診療、保険は適用されませんよ、と言っているのです。

歯医者の場合、
健康保険扱いと自費で支払う場合がよくあります。
これを混合診療と言います。

どこまでが保険で、
どこからが自費か、患者にはわかりにくいようです。

被せを
「金」にした場合、「銀」にした場合、「セラミック」にした場合、
つまり被せの材料によって
健康保険扱いになったり自費になったりします。

患者は「使用する材料」にお金を払うと理解しています。

だから治療で健康保険が使えないとなると
尻ごみしてしまいます。

健康保険が使えないと
高額の治療費を請求されるのではないか、と
患者は躊躇します。

歯医者は、健康保険で出来る治療と出来ない治療を
明確にすべきだ、と患者は言います。

そして健康保険で出来ない理由を明記すべきだと患者は言います。

たとえば「予防」は健康保険では出来ません、と
ハッキリ言うべきです。

歯周病は健康保険では「治らない」ことを説明すべきです。

歯医者側の努力が足らないから週刊誌に叩かれるのです。
歯医者は悪徳商人と言われるのです。

「歯医者の値段」のカラクリを指摘されても反論しないから、
患者が不安になるのです。

歯科医療は医療ではなく商売だ、と思われています。

だから船井総研は歯科医にセミナーを行い
自費クラウン49.800円
「白い歯、あなたへ」
毎月20本以上売れる歯科医院の作り方を伝授するのです。

矯正、インプラント、審美の自由診療が
特定商取引の対象となり悪徳商法の取り締まり対象になるのです。

自由診療という言葉
患者からみれば、
歯医者がお金儲けをするために使う「用語」と勘違いしています。

自由に値段をつけることが出来る診療と思われているのです。

歯医者は一体、何を考えているのでしょうね。

歯医者選びをされている皆さん
自由診療に騙されてはいけません。

もちろん、いい歯医者もたくさんいます。
患者の健康寿命を高めるために歯科医療に励んでいる歯医者も
大勢います。

だからこそ「自由診療」という、わかったようで、わからない
あいまいな言葉を使って欲しくありません。

自由診療という言葉を使い続ける限り
歯医者の医療は、あいまいさを残します。

健康診療(健康保険は扱っていません)と明記すべきでしょうね。
体力を鍛えるためにジムに通う、これは当然、自費です。

とくに、予防歯科診療は、ジムに通って体を鍛えるのと同じ理屈です。

では、また。
歯医者選びをされている皆さん。
ごきげんよう。

歯磨きだけでは虫歯菌も歯周病菌も殺せない!

「かつて9割超の子供にあった虫歯が激減している」
と毎日新聞がネット配信。それによると…

・この20年余で1人当たりの本数は4分の1になった。

就寝前の歯磨き習慣や、フッ素を使ったうがいなどの
予防策の浸透が背景にあるとみられる。

一方で歯科医の数が増え続け、
需要と供給のギャップは増すばかりだ。

業界の将来をにらみ、国は高齢者を重視した診療報酬のあり方や、
歯学部の入学定員について方向性を示そうと検討を始めている。

・子供の虫歯は大幅に減っている。
文部科学省の調査によると、12歳児の1人平均の虫歯本数は、
1989年の4.30本から、2013年には1.05本に減少した。

・虫歯のある子供の割合も90%超から半分以下の40%台になった。

歯磨き粉の市場規模も拡大傾向で、
大手メーカー「ライオン」の広報担当者は
昔と違い比較的価格の高い商品が売れ筋。虫歯対策だけでなく、
歯の美白や口臭予防など消費者のニーズは広がっていると指摘する。

・一方、歯科医は増加の一途だ。
歯科医不足が叫ばれ、国の方針で大学の歯学部を増やした結果、
60年代に3万人台だった歯科医は現在10万人余に。

歯科診療所も13年には約6万8000カ所に達し、
コンビニエンスストアの店舗数を超える。

過当競争で年間約1400の診療所が廃業するなど環境は厳しい。

「この歯医者がヤバい」の著書で知られる歯科医の斎藤正人さん(61)は
「保険診療ではやっていけず、高額な自由診療の対象になるインプラントや
矯正歯科に流れる傾向は強い」と指摘。

「歯科医の質は下がり、閑古鳥が鳴く診療所が珍しくない」という。

・国は、業界を取り巻くこうした現状を問題視。

・現在は診療所の受診患者の3人に1人、65歳以上が占めることから、
高齢者に対する訪問医療の診療報酬アップや補助金などによる支援強化、
歯学部の入学定員や歯科医養成のあり方の見直しなどについて検討を始めている。

・厚生労働省歯科保健課は
「従来の歯科医療では先細りが目に見えている。
新たな歯科医のニーズを探し、多様な医療モデルを示したい」と話す。

以上が報道の文面です。

「子供の虫歯が激減」
「歯科医が増加」「歯科医の質は下がり」は事実です。

確かに、いい歯医者が少なくなり
ブラック歯医者が増え続けています。

厚生労働省歯科保健課が
高齢者に対する訪問医療の診療報酬アップや
補助金などによる支援強化を叫んでも
歯科医の質は上がりません。

診療報酬だけを目的にしたブラック歯科医が増えるだけです。

現実、いまでも比較的、保険点数の高い訪問歯科診療が
お金儲けの対象になっています。

それもアルバイト医を使って稼いでいます。

潰れそうな歯医者の医療法人を利用して
経営に首を突っ込んでくる輩もいるとか。

歯医者選びが、健康長寿のために
欠かせない事態になっています。

歯医者選びをされている皆さんに
どうすれば安心できる歯科医を紹介できるか、
いま、思案しています。

いま少し猶予ください。
近いうちに、この「歯科医院」なら安心です、といえる
歯科医院を紹介します。

最後に、かかりつけの歯科医院が出している冊子
「日本の常識は世界の非常識」の一節をご紹介します。

「歯磨クリームが虫歯・歯周病に効く」のウソ

歯磨粉、デンタルクリームを
歯ブラシに沢山つけて
口の周りを白くして、ゴシゴシ磨いても、
歯はすり減るだけで、
虫歯菌も歯周病菌も一匹も死にません。
歯はクリームをつけて磨いても効果がありません。
なぜ?
歯ブラシで歯を磨くだけでは、
歯と歯の間、歯と歯肉の隙間の細菌の塊は取れません。
「フロス」というナイロンの糸を使うことが大事です。

ではまた。ごきげんよう。

保険を扱わないのは、「健康診療」だから。

20年以上前。茨城県守谷市の
「古谷歯科医院」をお訪ねしたことがあります。

いろいろお話を伺ったあげく、
失礼な質問をしました。

「先生は、
結局は患者さんのお口をどうしたいのですか?」

そのときの先生の答えは明快で、
いまも心に残っています。

先生は、なんのためらいもなく
「本物の歯科医療がしたい」とおっしゃったのです。

意地わるく
「先生、本物の歯科医療とは、どういうことですか?」

先生は即座に
「原則に従った治療、原則通りの治療です」

一瞬、わが耳を疑いました。

「原則に従った治療、原則通りの治療」
こんな、当たり前のことが、どうして本物の歯科治療なのか?

歯医者なら、当然、なすべき治療ではないのか?

話は続きます。
そして、よくよく話を聞いて腑に落ちたのです。

それは
「原則に従った治療をしようと思ったら、保険は扱えない」
と言うことだ、と知ったのです。

保険制度のことは、いずれお話いたしますが、
要は保険では、時間をかけた、納得のいく治療が出来ない
ということです。

「自分がしてもらいたいと思う治療は保険では出来ない」
と古谷歯科医。

あれから20年、古谷歯科医はどうしておられるのだろうと
ホームページを探してみると、ありました。

当時、筆者におっしゃっていたことが
患者さんにわかりやすく説明されています。

「保険を使わない治療」「原則に従った治療」を
実践してこられたのでしょうね。

ホームページには、
すべて保険外の診療になります。
健康保険の取り扱いはございません、と明記されています。

こんな歯科医にかかった患者さんは「幸せ」ですね。

守谷市近辺にお住まいの方、
本当に「いい歯医者」がおられれて、よかったですね。

茨城県守谷市 「古谷歯科医院」のホームページ

一方、保険を扱いながら、
自費治療をすすめる歯医者もいます。

保険で患者を集め、お金になる患者を一本釣りにして
自費治療をすすめる… あげくはインプラントへ導きます。

「歯医者選び」を間違うと
お金だけ取られて歯を失うことになります。

十分気をつけてください。

歯医者の世界では
保険を扱わない診療のことを「自由診療」というそうです。

しかし、これは大間違いでは…?。

保険治療を行い、自費治療も行う
患者さんが保険治療か自費治療か、自由に選べるのが
本当の意味の「自由診療」ではないのでしょうか?

保険を扱わない治療を「自由診療」と言っている意味が
患者さんには、わかりません。
どこが「自由診療」なのか、わからないのです。

保険を扱わないことを「自由診療」と言っている限り
歯科医の哲学は伝わりません。

歯科医が保険では満足のいく治療が出来ないなら
「健康のための治療」を標榜すべきです。

つまり「健康診療」と名前を変えてください。

患者さんには、そのほうが意図が伝わります。
保険を扱っていない歯医者さんは
きょうから「健康診療」の歯科医院であることを
明記してください。

では、また。
      記事検索
      QRコード
QRコード