歯医者選び.jp

歯医者選び.jpが 歯医者選びの参考になれば幸いです。

船井総研

自費診療とは、どのような医療なのか?

歯医者の間では普通に使われている言葉に
「自由診療」というのがあります。
辞書で引くと
「公的医療保険制度の枠外の診療を受けること」とあります。

保険適用外の新薬、最先端の医療を受けられることは出来ますが、
その費用は自費となるというわけです。

保険外診療、保険は適用されませんよ、と言っているのです。

歯医者の場合、
健康保険扱いと自費で支払う場合がよくあります。
これを混合診療と言います。

どこまでが保険で、
どこからが自費か、患者にはわかりにくいようです。

被せを
「金」にした場合、「銀」にした場合、「セラミック」にした場合、
つまり被せの材料によって
健康保険扱いになったり自費になったりします。

患者は「使用する材料」にお金を払うと理解しています。

だから治療で健康保険が使えないとなると
尻ごみしてしまいます。

健康保険が使えないと
高額の治療費を請求されるのではないか、と
患者は躊躇します。

歯医者は、健康保険で出来る治療と出来ない治療を
明確にすべきだ、と患者は言います。

そして健康保険で出来ない理由を明記すべきだと患者は言います。

たとえば「予防」は健康保険では出来ません、と
ハッキリ言うべきです。

歯周病は健康保険では「治らない」ことを説明すべきです。

歯医者側の努力が足らないから週刊誌に叩かれるのです。
歯医者は悪徳商人と言われるのです。

「歯医者の値段」のカラクリを指摘されても反論しないから、
患者が不安になるのです。

歯科医療は医療ではなく商売だ、と思われています。

だから船井総研は歯科医にセミナーを行い
自費クラウン49.800円
「白い歯、あなたへ」
毎月20本以上売れる歯科医院の作り方を伝授するのです。

矯正、インプラント、審美の自由診療が
特定商取引の対象となり悪徳商法の取り締まり対象になるのです。

自由診療という言葉
患者からみれば、
歯医者がお金儲けをするために使う「用語」と勘違いしています。

自由に値段をつけることが出来る診療と思われているのです。

歯医者は一体、何を考えているのでしょうね。

歯医者選びをされている皆さん
自由診療に騙されてはいけません。

もちろん、いい歯医者もたくさんいます。
患者の健康寿命を高めるために歯科医療に励んでいる歯医者も
大勢います。

だからこそ「自由診療」という、わかったようで、わからない
あいまいな言葉を使って欲しくありません。

自由診療という言葉を使い続ける限り
歯医者の医療は、あいまいさを残します。

健康診療(健康保険は扱っていません)と明記すべきでしょうね。
体力を鍛えるためにジムに通う、これは当然、自費です。

とくに、予防歯科診療は、ジムに通って体を鍛えるのと同じ理屈です。

では、また。
歯医者選びをされている皆さん。
ごきげんよう。

健康長寿は、歯から… 歯医者選びで歯に対する意識を高めればと思います。

一昨日の4月28日
船井総研歯科医院経営コンサルティングの
出口恭平さん(上席コンサルタント)と
岡崎晃平さん(カリスマコンサルタント)が
川村歯科研究所(大阪市中央区高津)を訪ねて
来られました。

歯科医療の何たるか、認識を新たに、患者様本位の
歯科医療を実現するため
改めて川村泰雄先生の教えを乞いに来た、というわけです。

約4時間

いろいろ、それぞれの立場から話し合いが
行われました。

その席上に筆者も
立ち合わせていただいたのですが
結論から言いますと
本質的なところで議論は噛み合いませんでした。

当然と言えば、当然でしょうね。

川村泰雄先生は、あくまで患者のほうを向いて
患者のために、歯科医は「なにを」「どうすべきか」を
話されているのに対し
船井総研は歯科医院のほうを向いているわけですから
嚙み合いません。

卵が先か、鶏が先かに似た議論になるわけです。

例えば「予防歯科」についても
考え方の本質が違います。

船井総研は、具体的なサービスメニューが主題。

検査、治療、メンテナンスの流れは同じでも
川村泰雄先生は、すべて患者のため。

船井総研側は、
それを収益モデルとして考えています。

平成28年 健康保険の診療報酬が改定されます。

船井総研は、
患者のためではなく
歯科医院側にとっての利点(お金儲け)を
歯科医に提供しようとしています。

お金儲けの手段をコンサルティングするのが
船井総研の仕事でしょうから…というわけです。

見逃していたら、患者の歯はますます悪くなるばかりです。

だから、川村泰雄先生は
船井総研のやり方が許せなっかたのだと思います。

来訪された2人のコンサルタントは
川村泰雄先生の真意は、十分理解できたはずです。

船井総研は今後、歯科医院に対して、どう動くのでしょうか?

患者のほうを向いたコンサルティングが出来れば
いいのですが…

さて、歯医者選びのブログを始めたのが
昨年の4月ですから
既に1年以上、経過しました。

たくさんの方にご覧いただきました。

こんな歯医者を選んではいけません。
こんな歯医者を選びない、というようなことを
書いてきましたが、
では、具体的に「どの歯医者を選べばいいか」は
示唆していません。

いくらブログに書いても
ブラック歯医者はなくならないし
騙されて泣く患者もなくなりません。

従って
2週間ばかり配信をお休みいただいて、
皆さんの「歯に対する意識」を高めていただくために、
なにが出来るかを考えたいと思います。

歯に対する意識が高まれば
いい歯医者を選べることも出来るでしょうし、
身体の病気を防ぐことも可能だと思います。

健康長寿は「歯から…」
そのための「歯医者選び」を考えたいと思います。

ではまた。ごきげんよう。

5月中旬の配信まで、皆さん、お元気で…

歯科医療の改革が始まりそうです。

歯科医療を通じての健康長寿社会実現に向け、
歯科医療従事者を対象にシンポジウムが
6月26日に東京虎の門で行われます。

テーマは
「健康寿命の延伸に向けた歯科医療の使命と可能性」

参加対象者は、歯科医師・医師・歯科衛生士・看護師
募集人数は 300名とあります。

かかりつけ歯科医の川村泰雄先生が
常々、言われていることが
歯科医師会主催ではなく、
公益財団法人ライオン歯科衛生研究所が主催というところが
注目すべき点ですね。

どこが主催しようが
歯科医療を通じての健康長寿社会実現に向け、
歯科医療従事者が勉強することは大賛成だと
我が川村泰雄先生。

50年も前から
国民の歯科医療を通じての健康長寿社会実現のため
実践してこられた実績は
当日、講演される先生方やパネリストの先生方より
はるかに多い臨床データをお持ちのはず。

その証が昨年開催された
川村歯科でメンテナンス歯科医療を受けている患者の集まり
「あいし・くらぶ」40周年の集いです。

40周年という実績は
日本では「あいし・くらぶ」だけです。

皆さん、いたってご健康で、
80歳以上、90歳以上の方々も
歯を失っていないのが健康長寿の源と
川村泰雄先生に感謝されていました。

日本の現状をみますと
65歳以上の「死亡原因となった疾病」と、
「要介護の原因となった疾病」を比較すると、
前者では「がん」「心疾患」などが上位を占めています。

後者では「脳卒中」「高齢による衰弱」「転倒・骨折」などが多く、
介護予防には、脳卒中予防と転倒予防が重要であることが言われています。

最近の研究結果などから、
これら脳卒中予防や転倒予防に
「歯科は大きく関われる可能性」が示されつつあります。

脳卒中患者の口腔内状態について
50歳代の脳卒中患者の残存歯数(18.4±9.4本)が、
厚生労働省歯科疾患実態調査の平均残存歯数(24.1±6.1本)に比べて、
少ない状態です。

つまり、残存歯数の少ない方のほうが、
脳卒中のリスクが高いことがわかります。

歯科でのメンテナンス歯科医療が
脳卒中予防につながる可能性が高いと考えられます。

歯周病と脳卒中を引き起こす関連についても、
最近いろいろと解明されてきています。

動脈硬化を起こした血管壁のアテローム(血管壁への沈着物)の中から
歯周病菌が多数見つかっていたり、
心臓の弁膜に血栓をつくる原因(心原性内膜炎)の起炎菌となっていたりすることが
報告されています。

また、脳卒中の基礎疾患のひとつである糖尿病は、
歯周病との間に相互に密接した関係があることも
すでにわかっています。

このように、
早期に歯を喪失している方の、
脳卒中などのリスクも防ぐために
川村泰雄先生はメンテナンス歯科医療を続けておられます。

脳卒中予防に貢献できると信じておられるからでしょうね。

歯科医は「人の命を救うための職業」
目の前の人を元気にするのがプロフェッション
川村泰雄先生は、おしゃっています。

歯科医療の正しい道を
歯科医療発展のために尽くされている川村泰雄先生だからこそ
歯科医療の領域に土足で踏み込んでくるような
船井総研の「やり方」が許せなかったのでしょうね。

船井総研が
歯科医療のために本気で取り組むなら
歯科医療従事者を対象に
クライアント健康長寿のために「何をすべきか」を
提案してくるはずです。

いずれにせよ
歯医者選びをされている皆さんが
安心して健康長寿の歯科医療を受けられたことを
願っています。

歯医者選びをされている方々には
関係のないことかも知れませんが
歯科医療の動きについてお知らせした次第です。

なお、当日のシンポジウムの基調講演では
歯周病と全身疾患との関連性、
米国歯科医院における一生涯に亘り口腔を守るための取組み」
の紹介があるそうです。

また、一般講演では「健康長寿を支える医科歯科連携」
「生涯メンテナンスの歯科医療」

そして、パネル討論のテーマは
「歯科医療の新たな使命と可能性〜これからの歯科医院は何を為すべきか〜」

それでは、また。ごきげんよう。

日本の歯科医療のために… 目の前の人を元気にするのが歯科医の仕事。

先週号で
船井総研の歯科医療に関わるコンサルタント14名(女性1名)が
筆者かかりつけの川村泰雄歯科医の研究所に参集し
4時間余、川村泰雄先生の
「歯科医療について」の講義を受けた、と書きました。

その船井総研の担当コンサルタント2名から
毛筆による手紙が
川村泰雄先生のところに届いたようです。

川村泰雄先生からメールによると…

「改めて歯科医療とは何かを理解して
あくまで本当の意味の患者利益(健康)の追求を目指した
コンサルティングを行っていきます。

歯科医療につき学び続け、
船井総研のコンサルタントとして正しい事を伝えていきます、

そして今後の方向性など再度見つめ直し、
川村先生へ報告させて貰います。

歯科メンバー全員で一生懸命取り組んで参りますので
引き続きご指導のほどを」
とあったそうです。

4時間以上の川村泰雄先生の歯科医療に関する講義の真意が
船井総研側に伝わったようです。
真意が伝わったと信じたいですね。

川村泰雄先生は、つねづね
目の前の人を元気にするのがプロフェッション
クライアントとともに考えることが大切とおしゃっています。

歯科医は、こうでなくてはいけません。

また、先生は歯科医の哲学として…

「私は、あなたの歯にのみ関心があるのではありません。
私は、あなたの健康と幸せに関心があるのです」
という原点から始まるべきだ、とおっしゃいます。

実際、川村泰雄先生は
歯科医としての哲学を持ち、健康をつくる技術と、
患者さんに健康の道を歩むための自己責任を啓発して
来られました。

だから多くの患者さんが得られたのでしょうね。

筆者も所属する
口腔の健康を守る患者さんの会「あいし・くらぶ」は
現在2000名の会員がおられます。

あいし・くらぶは、40年以上の歴史があり、
セルフケアと定期的健診を行って口腔の健康を守っています

川村泰雄先生の教えを受けた歯科医の先生方が
全国におられ、「あいし・くらぶ」をつくっておられます。

川村泰雄先生の「歯は老化では失われない」ことは
疫学的にも証明されています。
健康長寿が立証されています。

だからこそ川村泰雄先生は
船井総研に異議を唱えたのです。

船井総研が歯科のプロフェッショナルの世界にいるのであれば
もっと慎重に、その先に、
患者さんがあり、その人たちの健康、命があることを知ってください
と川村泰雄先生。

歯科医療は普通の商売ではありません。
ビジネスの延長線上ではないのです
と訴えられた川村泰雄先生。

川村泰雄先生が船井総研を動かした理由です。

船井総研は、
これからどのように動くのでしょうね。

患者利益の追求をめざしたコンサルティングを行っていく
とありますが、
どのような提案を、歯科医院側にするのでしょうね。

非常に興味があります。

川村泰雄先生には
歯科医療の本質を広め、賛同する歯科医を集め
組織化してください。

それが、健康志向の
たくさん人たちのためになるのでは…と申しあげています。

健康は歯から…の啓蒙活動も
実践しなければなりません。

歯医者選びの皆さんにも歯と体の健康について、
これから随時お知らせしたいと思っています。

世の中には
多くの人の健康長寿につながる
「歯は命の根幹」である口腔の健康のために
頑張っておられる歯科医がおられます。

あなたの街にも
きっとおられるはずです。

では、また。ごきげんよう。

船井総研の 歯科に関わるコンサルタントが川村歯科研究所に参集。 歯科医療の講習を受けました。

船井総研の
歯科医療に関わるコンサルタント14名(女性1名)が
筆者かかりつけの川村泰雄歯科医の研究所
「川村歯科研究所」(大阪市中央区高津)に
3月11日(金)参集しました。

午後1時〜5時までの4時間
川村泰雄先生の
「歯科医療について」の講義を受けるためです。

きっかけは
船井総研が歯科の領域で
お金儲けの歯科医療をすすめ
歯科医の道義に反した手法で
歯科医相手に商売していることに、
川村泰雄先生が「異を唱えた」ことが発端です。

自費クラウン49,800円
 「白い歯 あなたへ」

 毎月20本以上売れる歯科医院の作り方

 自費補綴2本の歯科医が
たった4ヵ月で自費率20%

一時間に7人治療
年商1億5千万円のクリニックに
   DVD発売

歯科医療は「商売ではない」と
川村泰雄先生が
船井総研の高嶋栄社長に手紙を出したのです。

反応はすぐにありました。
社長命により医療、介護、教育支援部 部長が来られ、、
今までの歯科医セミナー、コンサルトにつき、誤りである事を認め、
これから全面的な指導を仰ぎたいという申し入れがありました。

その日、2時間ほど
世界のスタンダードである包括的予防歯科など、
今の日本の歯科医療の矛盾につき懇談しました。

その後、 
船井総研の高嶋栄社長ご本人から毛筆の手紙が
届きました。

内容は
「今回のご指摘、誠にありがとうございました」とあり
そのうえで
歯科医療に関わる当社コンサルタントに
「歯科医療の何たるか?をご教授賜りたい」というものでした。

川村泰雄先生の講習を受けるよう指示されたようです。

川村泰雄先生が
一銭の得にもならないコンサルタントへの講習を
お引き受けになったのは「なぜ?」とお聞きすると
「日本の歯科医療をこれ以上、劣化させたくない」
という答えが返ってきました。

当日、筆者もオブザーバーとして参加させて
いただきました。

その4時間余の講習には
歯科医療は
クライアントの幸せを考える職業だということを
事細やかに具体例をあげながら、
収益性だけでなく
歯科医療の「王道」を熱く語られました。

改めて筆者も
川村泰雄先生の歯科医療に対する熱い思いを
感じ取ることができ、感動しました。

川村泰雄先生のまわりには
先生の教えを受けた、たくさんの歯科医がいます。

歯医者選びをされている皆さんのお近くにも
きっとおられるはず。

いずれ、それらの先生方をご紹介させていただきます。

その前に
この講習で知り得た歯科医療の情報を
精査してから皆さんにお伝えしたいと考えています。

いま、しばらくお待ちください。

では、今回はこれで。
どうぞ、いい歯医者に巡り合ってください。
      記事検索
      QRコード
QRコード